観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 講演会に行ったはいいが・・・

<<   作成日時 : 2005/12/07 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「21世紀の科学技術を支える人材育成と人材活用に関する 理研・日立・北大ジョイント講演会」と称するものに行きました。

その内容ですが、日本に数だけ増えて定職に就けない若手余剰博士をなんとかするために、これから官民で期限付きポストをたくさん設けましょうといったものです。その中には女性研究者や外国人のポスト拡充も含まれています。なんだか今さらという感じ。

その一方で、日立は有力研究者には定年を延長してまで組織に留まることを勧めているようでした。そういう大先生に払う金で有望な若手が何人雇えるんでしょうか?現在60代以上のお偉いさんは我々と違って年金がたくさん貰えるのですから、早く引退してもらい、それでも「会社の顔」として必要ならせいぜい社外の顧問程度に収めておけば良いのにと思った次第です。

それにしても、会場の参加者に若手研究者、女性、外国人の姿はほとんど無く、50代以上の暇そうな管理職や教授ばかり。平日の日中に行われたこの講演会、まっとうな研究者は今ごろ仕事にいそしんでいる時間帯です。堂々と来られるのは安定身分(定年制ポスト)の教授ぐらいなものでしょう。

ふと思ったのですが、ブログという媒体は就職活動には不向きではないでしょうか。ある人材募集に対して「自分のブログを見ろ」という就職活動は聞いたことがありません。イギリスなどでは本名でブログを運営し自分の経歴を堂々と載せて就職活動をする人が結構いるそうです。私にそこまでの意欲はありませんが、個人的な意地もあって本名でやっています。日本でブログをやる人のほとんどが匿名のようですが、「正体の分からない相手に真っ当な意見を吐かれる」という状況に私は未だに馴染めません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 トラックバックありがとうございました。これは、レポート「ブログではできないこと」の課題提出ですね。
 確かに匿名でやっているブログでは、自分のキャリア紹介として説得力がないかもしれませんね。
 しかし、よく考えると匿名でなければできないことなんてなんだか怪しいし、実名でなければできないことというのもそれほどないような気もします。
 要するにどっちでもいい?
5号館のつぶやき
2005/12/07 14:18
ブログて?息子にこの世界は大昔、虚構で成り立ちえたとこに、正義の味方を振りかざして新参者が我が物顔で、自己満足のプラス思考を持ち込んできたから可笑しく?なっつたんや!!!と説教されるおかんとしては、正義のブログの存在を待望して?おりますが、、、、「5号館のつぶやき」さんのコメントに今のとこは同意するしかないおかんで、、、す。
おかん
2006/02/10 10:54
こんばんは。
本日はどうも有難うございました。
えーと、仰ることはごもっともなのですが、HN(ハンドルネーム)で
十分と個人的に考えていることから、あえてHNを名乗っておいてみたり。
web上では、『誰であろうと』正体不明であると考えています。
ですからこそ、情報の学習としてネットを小・中・高等学校の授業の
一環として取り扱う際には、“倫理”についての教育が、先ず一番最初に
行われるべきだと考えています。
ネットでは、例え実名であろうと、『それが本当に実名かどうか』は、
基本的に分かりませんよね?(調べたりすれば当然、身バレするでしょうが)
従って、既に、『誰でもが皆、等しく匿名』だと思うのですよ。
身分詐称等、問題行動をしなければ匿名で十分ではないでしょうか。
その監視の為に、実名が必要、というお考えならば、「仰せのとおり」
としか言いようがございません。異存なしです。
ちなみに、固定ハンドルネームは、“筆名”や“雅号”のようなものです。
(私の、超個人的見解ですが。)
つぶろう
2006/03/18 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
講演会に行ったはいいが・・・ 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる