観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学に自浄能力ってあるの?

<<   作成日時 : 2006/10/01 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

大阪大学の杉野教授によるデータ捏造に伴う助手 Kさんの自殺事件は痛ましい限りだ。それにしても研究室で服毒自殺というからただごとではない。

同大学生命機能研究科長の名前で「真理を探究する科学研究の公正な発展のために」という報告書 が公開され、杉野教授単独での「犯行」が明らかになった。その手口は実にお粗末な切り貼りである。これで国際的なジャーナルや同業者の目を欺けるとでも思ったのだろうか。

杉野氏は同研究科の教授会により懲戒解雇の処分が決定されたそうだが、ここで心配ごとがある。「解雇を本人に通知して不服申し立てが無ければ、10月に開かれる大学の教育研究評議会で処分が決まる」そうなのだが、抜け道が無いかということだ。

私がかつてポスドクを務めた北大医学部の澤口元教授のケースでは、常習的セクハラ行為に対し教授会が諭旨解雇を申し渡しながら執行できなかった。不服申し立て期間中に澤口氏が自主的な退職届を出し、大学が受理してしまったからだ。これはシステムの欠陥を突いた行動で、不服申し立てが事実上不可能なときの最終手段だ。

こうして澤口氏は書類上では何も傷つくことなく退職金を貰って大学を去って行った。あちこちに張られたポスターで「北大はセクハラを許しません」と宣言しておきながら情けない大学である。

阪大の杉野氏が同じような行動をしないか、阪大当局がそれを見逃さないか、監視が必要だ。なにせ、事件前後に海外逃亡を企てていたような人物らしいから。

杉野氏には今後の就職が用意されているのだろうか。ちやほやされて甘い汁を吸ってきたこの手の人物はほとぼりが冷めたらまた同じようなことをやる。痴漢で逮捕された早稲田大学の「ミラーマン」植草氏が再就職先の名古屋商大在職中に痴漢で再逮捕されたことを聞いてそう思う。

はっきり言って、杉野氏のような人は大学や研究の世界から追放されなければいけない。それが出来なければ、Nature が指摘するまでもなく日本人研究者の信用はまた落ちるだろう。黄教授の一件で韓国人のノーベル賞が遠のいたように。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Natureの糾弾に阪大はどう応えるのか
... ...続きを見る
大「脳」洋航海記
2006/10/01 00:50
確定拠出年金 加入者数、運用残高ともに増加
加入者本人の判断で資金運用する確定拠出年金(日本版401k)が10月1日、導入から丸5年を迎える。 加入者数で200万人、運用残高は2兆5000億円をそれぞれ突破。 ...続きを見る
社労士受験生のための日経新聞
2006/10/03 19:03
Sugar detox diets.
Detox diet sample diets. ...続きを見る
Detox diets fasting.
2007/02/13 03:30
Phentermine 37.5 grams cheap no doctor.
Phentermine 37.5 free doctor consultation. Phentermine 37.5 grams cheap no doctor. Phentermine without doctor. ...続きを見る
Phentermine without ...
2007/02/14 02:55
401kでも中退共でもない適年移行!?
先日講演会にお誘いいただいたプルデンシャル生命の方と地元のマクドナルドで情報交換という名目でお茶。彼とは21世紀クラブという異業種交流会でお会いしたことがきっかけでお付き合いさせていただいている。こちらまで来ていただいて、マクドナルドのような安い場所に... ...続きを見る
GOLGO社労士事務所〜助成金・就業規則...
2007/11/23 11:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 トラックバックありがとうございました。おっしゃるとおり組織としての大学の自浄能力はほぼないと言って良いと、私も思います。しかし、考えてみるとそれを放置している文科省という上部に位置する管理機関もあるわけなので、実は文科省が現状を可としていると思わざるを得ません。つまり、国としては現状を肯定しているのではないかというのが私の判断です。
5号館のつぶやき
2006/10/01 01:06
記事反映しました。5号館さんも自浄能力はない、とおっしゃってますが、だとすればもう大学はおしまいです。大学はもはや独立法人なのです。デキナイ大学なんていらない、と国はいつでもいえるわけです。
杉野氏の件は阪大が一応の決着をつけました。さてつぎはどうするんでしょう? 罰則規定に「捏造したら懲戒免職」というルールを作るでしょうか? それができなければいつまでたっても何も変わらないでしょうね。大学も国の研究所も、社会に対して適正な教育あるいは研究機関たるため、もっと努力すべきです。
MANTA
2006/10/05 01:27
確かに大学人自ら「自浄能力など無い」というのは投げやりに感じます。それに厳密な罰則規定など新たに作らなくても「捏造したら免職」にするのは可能な気がします。例えば博士の審査基準など毎年ころころと変わっていた気がします。英論文3つなければダメとか、ファーストのフルペーパーが1本で良いとか。あれらは成文化されておらず基本合意だったはずです。あの手の変わり身の速さを思えば、杉野氏の一件を教訓に各大学が素早く対応することは可能ではないでしょうか?
j-sakanoue
2006/10/05 13:38
なるほど、大学はそういう器用さをもってましたね。しかし社会はよくみてます。場当たり的に対処していると矛盾がかならず起きます。過去の事件がネットですぐ手に入る昨今、器用さがあだにならないよう、適度なルール作りが大学・研究所には求められるのではないでしょうか?
※訂正:10/05 01:27 記事反映 → 記事拝見 でした。

ちなみに私も研究者。自戒の念をこめた意見のつもりです。
http://blog.so-net.ne.jp/goto33/
MANTA
2006/10/07 17:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学に自浄能力ってあるの? 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる