観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪作『過去のない男』

<<   作成日時 : 2006/11/15 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

フィンランドのアキ・カウリスマキ監督作品で2002年のカンヌ映画祭グランプリを授賞した。
先だって北海道フィンランド協会主催の上映会で観た。

ストーリーは単純で、都会に出てきて記憶を失った男が周囲に支えられ自らを取り戻すというもの。どこかで聞いたようなストーリーと言えなくもないが、俳優たちのとぼけ切った演技で異様に存在感ある作品になった。特に訛った弁護士が警察をやりこめる場面は今まで観た映画でも指折りだ。ジャームッシュの『ストレンジャー・ザン・パラダイス』にも似たようなシーンがあったが、演じるのは有名俳優(ピノキオの人)で狙いがはっきりしていた。この映画からは、あのような過剰な演技は排除されている。そしてハンニバル・・・

よく考えれば深刻な話だが、主演俳優のふてぶてしい演技でそう感じさせない。さらにそれぞれの会話の間(ま)は独特で落語のような感触すらある。とにかく、自分でも理由が分らずクスッと笑ってしまうのだ。こうした感覚は万国共通のものとみえる。海外で評価の高い今村作品、比較的最近では『黒い雨』なども外国人の眼にこんな風に映っているのではないだろうか。

また二人で会話するシーンが多いが、カメラは人物の腰あたりの定点映像で小津作品の影響を感じさせる。それを裏付けるように、映画終盤に唐突に日本が登場する。

そして、そのラストも充分納得いくものだった。

この映画、映像だけ観ると1960年代のようだが、街を走っている自動車からは現代にも見える。まさか時代考証が徹底していないということはないだろうが不思議な感覚だ。

現実には、ここ10年のフィンランドは競争力世界一といわれるIT大国だ。あれほど貧乏人ばかりで汚なそうな国だと思ったら大間違いだろう。

過去のない男
アミューズソフトエンタテインメント
2003-09-26
マルック・ペルトラ


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『過去のない男』
Mies vailla menneisyytt&auml;(2002/フィンランド・ドイツ・フランス) 【監督】アキ・カウリスマキ 【撮影】ティモ・サルミネン 【出演】マルック・ペルトラ/カティ・オウティネン/アンニッキ・タハティ ...続きを見る
愛すべき映画たち
2006/11/15 10:33
過去のない男
 2002年のカンヌ映画際グランプリ&主演女優賞を受賞した「過去のない男」。アキ・カウリスマキ作品は「マッチ工場の少女」と「パラダイスの夕暮れ」の2本を見たことがあるのだが、まさかこの作風でメジャータイトルを獲るとはかなりの驚きである。 この作品も台詞が少なく、うすら寒くて暗〜〜〜い空気が漂う中に微妙に笑えないギャグを随所に盛り込んだカウリスマキワールド全開。ボロボロのコンテナハウスで、拾ってきたジュークボックスで音楽を聴きながら三人の男が黙々と貧相な飯を食うシーンや、獰猛な犬のハンニバルなど、... ...続きを見る
洋楽な日々
2006/11/16 14:49
過去のない男
カンヌでグランプリを獲得した話題作だけど、カウリスマキ監督、実は初めてだ。DVD借りてきた。 ...続きを見る
新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり...
2006/11/17 06:09
『過去のない男』 人は前にしか進めない
これって何語だろう? ドイツ語? フランス語? にしちゃ、「ありがとう」が聞いたことない言葉だし。 ...続きを見る
*モナミ*
2007/06/30 18:14
過去のない男(-_-;)アキ・カウリスマキ監督作品
  「街のあかり」を観てから、アキ・カウリスマキ監督作品に、はまりつつある私です。といってもこの作品で三作目の鑑賞ですが・・・・・。 11月2日、京都シネマにて鑑賞しました。10月27日〜11月2日までの一週間限定上映ということで、これはぜひ観なくてはと、最終日に行ってきました。2002年カンヌ国際映画祭で、グランプリを受賞主演女優賞・パルム・ドッグ賞。そしてアカデミー賞外国映画賞ノミネート。この他様々な賞を受賞しています。 &nbsp; 過去のすべてを失う・・・・。 &nbsp; ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2007/12/21 00:30
『過去のない男』'02・フィンランド・独・仏
あらすじヘルシンキに流れ着いた一人の男(マルッキィ・ペルトラ)。彼は暴漢に襲われ、一命は取り止めるものの過去の記憶をすべて失ってしまう。やがて男は絶望の淵の中、救世軍の女性イルマ(カティ・オウティネン)と運命的な出会いをする・・・。感想『街のあかり』に続き... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2008/09/06 21:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪作『過去のない男』 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる