観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK『ダーウィンの進化論』はおもしろいが・・・

<<   作成日時 : 2008/05/07 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

来年はチャールズ・ダーウィンの生誕200年に当たる。
そのためか、最近彼を取り上げた様々な番組や企画が多い。

5月6日にNHKで放送された『世界をひっくり返した男・ダーウィンの進化論』もその一つだ。

内容的にはダーウィンの生涯・人間性と業績を紹介したもので、概ね正しく伝えられていた。
ゲストのお笑いタレントやグラビアアイドルの反応も民放のノリだが悪くはない。

ただ「天才ダーウィン」を強調するあまり、進化論誕生までの推移、例えばダーウィンの祖父など先人による進化論の原型などを全く伝えなかったのは少し残念。

進化論はダーウィンが先人の業績を発展させ、まとめたものなのだ。

また同時代人ウォレスがほぼ同じ内容を発表していたのが有名だが、番組では触れられず。
結局、慌てたダーウィン一派が行った工作により「ダーウィンの進化論」となったのだ。

番組でカソリック保守派の唱えるID説(天地創造説)や社会学ダーウィニズムへの批判(露骨ではないものの)をしたのは評価できる。

コメンテーターの茂木健一郎(またかよ!)も、わりとまともなコメントをしていたが、19世紀半ばの上流階級の科学者(一生定職に就いたことがない)の生活を今の子供の教育に応用しようというのはムシが良すぎる。

曰く、「子供の変なキャラクタをもっと伸ばそう」

こうした適当な「天才の作り方」を本気にする親が結構いるのだ。

チャールズ・ダーウィンはヴィクトリア朝という階級社会が生んだ稀有な人物だったことを心に留めるべきだろう。

シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物
シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物
シンカのかたち 進化で読み解くふしぎな生き物 ...続きを見る
忍者大好きいななさむ書房
2009/06/26 11:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK『ダーウィンの進化論』はおもしろいが・・・ 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる