観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い知ったか、「磁気活水器」! Vol. 1

<<   作成日時 : 2008/08/27 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国民生活センターの公表(2008年8月20日) によれば、
「磁気活水器」のトリハロメタン等の除去効果は皆無だそうだ。
もちろん塩素除去にも効果なし。

ここでいう「磁気活水器」とは、蛇口や水道管を外側から挟み、フィルターなどの機構を有さず、「活水」機能をうたっている水道用器具のことを指している。

国民生活センターから業界への要望として、
「トリハロメタンや残留塩素を除去する効果はないので、早急にこのような広告・表示は取りやめるよう要望する」

行政への要望として、
「トリハロメタンや残留塩素を除去する効果はないので、除去できるような効果をうたった広告・表示を行った事業者に対し排除命令等の措置を要望する」

遅すぎた感もあるが、この件については至極まっとうな判断だ。

だいたい「活水」とはなんなのだ?
そんな言葉、辞書にも学術用語辞典にも出てこない。
どうせ一部「蛇口業界」の隠語みたいなものだろう。

分りきったことだが、トリハロメタンや塩素を除去するにはイオン交換膜や中空糸膜などの物理的手段が必要だ。そうでなければ「除去された塩素」はどこへ行くというのか?

もちろん、ただのN-S磁石(静磁場)で水そのものの性質が変わるわけもない。

体内の水素原子核の磁場を共鳴励起するMRIは高周波の交流磁場を用いている。

家庭用磁石で「水がまろやかになる」など思い込みに過ぎないのだ。

プラシボ効果にかかった一例 を以下に示すが、
文章から察するにこうした比較的まともな人でも騙されてしまうようで、同情する。

曰く、
「水道水は塩素のせいかぴりぴりときつい感じがしますが、磁気活水器を通した水は、すこしまろやかなようです」
「風呂も気のせいか、湯が柔らかくなったように感じます」 etc.

それにしても、「まろやか」「ぴりぴり」など感覚的な擬態語で訴えるしかない時点でアウトである。

次は「マイナスイオン効果」などにメスを入れてほしいが、こちらはイオンが出ているのは確かなので、ちと難しいか?

ただ、マイナスイオンで「爽やかな気持ちになる」「健康が促進される」なんて誰も証明していないはずだ。

加湿や冷房で体感が変わったのに過ぎないだろう。

さて、
「独立行政法人 国民生活センター」 は非営利団体である。

その目的は、
「国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から、国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うこと」

理事の面子を見る限りは天下り団体ぽいが、過去にパイウォーターなどを断罪した実績もある。
こうした偽装科学商品の退治などはどんどんやって欲しい。

詐欺商法の被害と救済にかかる人件費(警察・役所・法曹関係)などを考えると、政府がインチキ商品監視に人員を配置した方が有効な気がする。

具体的には、会社のパンフやHPでの宣伝が非科学的ではないかという検討と素早い判断だ。
あるレベル以上の知識と見識がある理系人なら可能な仕事である。

これなど、かなり良質の行政サービスと思う。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思い知ったか、「磁気活水器」! Vol. 1 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる