観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 吹田はビールの町だった?

<<   作成日時 : 2008/11/03 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そう言われてもピンとこないが、たしかにJR吹田駅前にはアサヒビールの大きな工場がある。

吹田市立博物館 では特別展「ビールが村にやってきた」を開催中だ(11月30日まで)。

これによると、
アサヒビール吹田工場 は明治時代に稼働した当時日本を代表するビール工場だった。
明治末期の最盛期、ビール会社の負担で吹田では3年間町民税が免除されたという。
吹田工場はいくつかの候補地から水質をドイツで分析して選ばれたのだという。

関西には灘の酒や丹波杜氏など日本酒の伝統文化があるが、それとは全く無関係らしい。
麦の酒であるビールだが、麦焼酎の会社がビールを造っているという話も聞かない。
どうやら東西の酒造りは全く異なる文化のようだ。

博物館で聞くこうした話は聞き慣れないものばかりで、正直意外だった。
今の吹田は千里ニュータウンの中心地として、大阪のベッドタウンという印象しかない。

この吹田の博物館、遺跡もある広い公園内にあり、かなり立派な建物だ。
そのわりに展示物の数は少なく、贅沢というか無駄が多いというか、今風でない施設である。
休日に行ってもあまり客はいないようだ。

その代わりと言ってはなんだが、ホームページは結構充実している。

ひょっとして隠れた魅力があるのではないかと、最近気になっている。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
吹田はビールの町だった? 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる