観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS ターセム監督 『ザ・フォール/落下の王国』

<<   作成日時 : 2009/06/16 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

インド出身の映像クリエイター、ターセム監督のデビュー作『ザ・セル』は幻想的で美しい映像をミステリーに絡めた作品だった。この作品で主演のジェニファー・ロペスを知ったため、彼女の他の出演作品が全て駄作に見えてしまう。

『ザ・セル』の内容は誘拐された女性の行方を知るため、意識不明になった誘拐犯の意識下に入っていくというもので、ぶっ飛んだ映像にも必然性があった。『マトリックス』も最初はすごいと思ったが、再鑑賞に堪えるのはこちらだろう。

ターセム監督が沈黙を破って世に問うのが昨年公開された 『ザ・フォール/落下の王国』 だ。

映画館で観た感想を結論から言うと、全体に少し甘い。
カメラワークは素晴らしいが、それに頼りすぎている。

石岡瑛子デザインの衣装はカラフルで風景と相まって印象的だが、それほど個性的でもない。

ストーリーに関しても、少しご都合主義的だ。
例えば、主人公が自殺を図るなら子供を利用しなくても、いくらでも方法があるだろう。
シーツを裂いて首を吊るとか・・・

ラストは微笑ましいような余韻を残していくが、どこかで見たような雰囲気が・・・『ニューシネマパラダイス』?

昨今流行の “泣ける映画” を求める人間には良いかもしれないが、センチメンタルさが鼻につく。

ただし主役を含め無名の俳優たちは頑張っており、子役は演技を越えた素晴らしさだ。
日本の訓練され過ぎた子役を見なれた身には新鮮だった。

この作品、脚本をさらに練れば、ターセムならではの名作となっただろう。惜しい!

さて本作、どこかで観たことがあるタイプの映像だと思っていたら、最近謎が解けた。
グルジアの鬼才パラジャノフの作品だ。

パラジャノフ作品に関しては、『スラム砦の伝説』や『アシク・ケリブ』などを20年ほど前に映画館で観た。
これらの作品はもはや通常の映画の手法から逸脱している。
当時は頭がグラグラしたほどだ。

『落下の王国』は、4年間かけて世界中をロケして得られた絢爛たる色彩の映像が売りだが、パラジャノフは遥かに低予算で似たような映像を生み出しているのに驚かされる。

本作に対して「こんな映像他では絶対見られない」と思わされている人には再考を勧めたい。

『落下の王国』の映画としての水準は標準を超えているものの、豪華な世界ロケを売り物にするようではだめだ。

配給会社のつける「ザ・セルを越えた!」というキャッチコピーも余計だ。
『ザ・セル』は容易に越えられる映画ではない。

ターセムには『シックス・センス』で燃え尽きた以後、懲りもせず映画会社に利用され駄作を制作し続けているやはり同じインド出身のナイト・シャマランのようになって欲しくないものだ。


ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-02-11


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
mini review 09366「落下の王国」★★★★★★★★★☆
『ザ・セル』のターセム監督が製作した、美しい美術品のような感動巨編。自殺願望のあるスタントマンが幼い少女を操るために始めた虚構の物語が、やがて夢と希望を紡いでいく様子を丹念に映し出す。傷ついた青年役に『グッド・シェパード』のリー・ペイス。彼を慕う少女を演じるのは、これが映画デビュー作となるカティンカ・ウンタール。CGに頼らず、世界遺産を含む世界24か国以上で撮影された驚きの華麗な映像に息をのむ。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/06/25 17:50
落下の王国
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー・.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/06/27 08:19
ザ・フォール / 落下の王国
ザ・フォール/落下の王国 特別版 ...続きを見る
映画君の毎日
2009/06/27 14:28
落下の王国
骨折して入院中の少女アレクサンドリアは、同じく入院中の青年ロイと出会う。 彼は彼女にアレキサンダー大王の物語を聞かせ、翌日も病室に来るようにささやく。 ...続きを見る
さむこの部屋
2009/06/27 20:11
『落下の王国』
映像の魔術師ターセム監督。その名を再び痛感した、いやこの監督以上に美しい映像を撮れる人はいないのではないか?と思えた映画でした。個人的には物語に感涙することはなく、ひたすら美しい映像に魅せられていましたが、別にそれだけでも十分映画館で見る価値はあると思い.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/06/27 20:16
落下の王国
   落下の王国  とてもいい邦題だと思う   10月ももうない 見たい宿題はある どれだ   今の自分が見たいものは・・・・   これだ と思ったことと  大きなスクリーンで絶対見たかったこと   映画のスタントマン のロイ 撮影中橋から落ちて大怪我... ...続きを見る
カトリーヌの雨傘
2009/06/27 21:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ターセム監督 『ザ・フォール/落下の王国』 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる