観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 出てこい、エコポイントの責任者!

<<   作成日時 : 2009/07/07 23:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 2

エコポイント制度とは「地球温暖化対策、経済の活性化及び地上デジタル対応テレビの普及を図るため、グリーン家電の購入により様々な商品・サービスと交換可能なエコポイントが取得できるもの」だそうだ。

先週エアコンを買ったところ、エコポイント7000点が付いてきた。早速申請しようとしたら、まだ準備できていない(?)とのこと。準備が整ったとのことで本日再申請を試みたところ、結構大変な目に遭ってしまった。

なんでも購入時のレシートと保証書があれば申請できると聞いていたので、購入店の店員さんに申請書をもらおうとすると、なんと「全部出ちゃったのでありません」と言うのだ。「さぞかし売れ行き好調なんでしょうねえ」と言ってみると、若い販売員は「いいえ、前買ったお客さんが申請にどっと取りに来たので・・・」と浮かぬ顔だ。申請が可能になる前からポイント対象製品は売っていたわけだからそれぐらい予想できるだろうに、配布数が足りないので販売店(ただの窓口)もいい迷惑らしい。

エコポイントを申請するには、家電販売店もしくは郵便局で申請書を受け取って、レシート(原本)と保証書のコピーを貼って郵送すれば良いのだが、店員にいわせるとレシートが原本であることの意味がよく分からないという。複写式の領収書の場合、最初から2枚目以降(コピー)を受け取る場合もあるからだ。幸いネットに繋げれば申請できるというので帰ってから試してみることにする。

国の作ったHP を見たところ、確かに電子申請ができそうだ。

このページにおいて、姓名、生年月日、商品型番、購入店、購入日等を入力する。奇妙なことに名前と住所は数字やハイフォンを含め全角(2バイトコード)しか受け付けない。
しかもフリガナ欄は全角数字も受けつけない・・・これはプログラムバグか?
仕方がないから数字をカットしたらようやく受け付けられ 7000点のエコポイントが表示された。

こんなんで、商品は届くのか?
一抹の不安がわき上がる。

その後、エコポイント交換商品情報商品名 から‘全国百貨店共通商品券 7000円分’を選んでデータ送信・・・これで申請は終わったはずだった。

ここまでの私の理解は以下の通りである。
この後、私からデータを受け取った実施機関から購買店に「この人物は確かにこの日にこの製品を買ったか?」という質問が行き Yes なら私に‘全国百貨店共通商品券’が送られるのだろう。

ところが、ウェブ上に出てきた画面は‘印刷用画面を表示’なのである。
なんと、今まで入力した情報が画面に示されている。
驚いたことに、このフォームを印刷して、そこにレシート(原本)と保証書のコピーを貼って郵送しろというのである。

今まで電子申請だと思っていたのは単にアナログ媒体(印刷物)を作成する手順だったのだ。
つまり現時点では、店頭で申請用紙を貰って記入した段階に過ぎないのだ。

そもそも、なぜ郵送でなければならいのか?

前述したように、販売確認作業は実施機関から販売店へのメール一往復ですむ話なのだ。
ウェブ上の記入欄に販売店のメールアドレスを書かせれば、送信までは自動にできる。

レシートという紙媒体をわざわざ送れとは切手代を稼ぎたい郵便事業会社との結託なのだろうか?

また、半角アルファベット・数字しか使わないであろう日本在住の外国人はどうやって申請するのだろうか?
エコポイントのウェブサイトには日本語の記述しかない。

日本の役人にとって「国際化」など名ばかりだということが露呈しているのだ。

交換商品一覧を見ると、7000点のエコポイント換算はどの商品でも 7000円分だ。

ということは、
購入店でポイントに応じた全国のエコポイント事業協力店で使える共通商品券を渡せば良いだけの話ではないか?

エコ商品を通じて消費を活発にしたいのなら、それで充分だ。

だとしたら、 この壮大な無駄手間はなんなのだ?

こんなので、本当に地球温暖化阻止に貢献しているのか?

家電買い換えで二酸化炭素排出量が減っても、新しい商品を作るのに余分なエネルギー(二酸化炭素排出を意味する)を使っているのだ。

環境省、経済産業省、総務省が一緒になって考えたのがこの程度のものだから、国民をばかにしている。

税金を使った「給付金」という¥12000 のはした金で人気アップを計る政治家連中とどっこいだ。

もうこんな制度になんか関わりたくない。

7000円 のあぶく銭はすぐに使って忘れてしまいたい。


リサイクル幻想 (文春新書)
文藝春秋
武田 邦彦


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
家電リサイクルで大忙し。播磨の工場
パナソニックエコテクノロジーセンター(播磨・加東市)エコポイント制の開始で家電の売れ行きが好調。そして、これまで使っていた家電をリサイクルする工場が大忙しとか。家電リサイクル工場、大忙し パナソニック、土日も操業(asahi.com)兵庫県加東市にあるパナソニッ ...続きを見る
372log@姫路
2009/07/05 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
文系騙して印税ウハウハ
http://www.petbottle-rec.gr.jp/syoseki/index.html
http://homepage2.nifty.com/koshi-net/other/kaihou/73-2.htm
http://www.rakkousha.co.jp/books/ka_02.html
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/labs/china/asuka/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E9%82%A6%E5%BD%A6

もう何から何までウソ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416150624
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3015591.html
お前が騙されてんだよ
2009/07/10 11:10
そして・・・!!!
週刊文春2月12日号
「マイ箸は不要」「ペットボトルは燃やせ」のウソ 椎名 玲・吉中由紀
「エコ批判」武田教授に公開質問状
お前が騙されてんだよ
2009/07/10 11:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出てこい、エコポイントの責任者! 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる