観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS “ゲルマニウムに科学的根拠なし” - 当たり前だが

<<   作成日時 : 2009/08/26 00:11   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

少々前になるが、国民生活センター が「半導体の一種ゲルマニウムの作用により健康効果があるという科学的根拠はない」と結論した。

“こりの緩和や血行の改善」を促す”とかでゲルマニウムを使った健康商品は多い。
多くのスポーツ選手もネックレスにして身に付けている。

しかし、国民生活センターが対象商品の製造販売業者にアンケート調査を行ったところ、ゲルマニウム自体の作用によって健康に対する何らかの効果を示すという明確な科学的根拠は示されなかった。

また、科学技術文献データベースによって過去の文献を調べても、科学的根拠を示す文献はなかった。

2009年6月25日、同センター商品調査部がゲルマニウムブレスレット12銘柄の成分テストの結果を発表した。
なんとゲルマニウムの含有率が0.1%以下がほとんどで、含有率ゼロのものもあったという。

この手の製品は“純度が高い”高額製品が売れる傾向があるそうだ。
商品の中には“マイナスイオン”と並ぶトンデモ商品の王様である“遠赤外効果”をも謳っていた物もあったそうだ。
(遠赤外線という光は実在するが、常温でアクセサリ等の原料である鉱石からは出ない)

つまり、入っていてもいなくても効果がないものをありがたがっていたのである。

もちろん、一つのアクセサリや一種類の健康食品で健康が約束されるはずはない。

健康グッズには「効いたような気がする」というプラシーボがある。
健康不安のある消費者の夢を壊したくはないが、売り手は効果がないことを知っていて売ってきたのだ。

許されるものではない。

“販売中止や返品を検討するところも現れ、関連業界は衝撃を受けている” そうだが、当たり前だ。

こうした科学を騙る商売人連中は振り込み詐欺と同様に悪質だ。

さっさとこの世から消えてもらいたい。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
“ゲルマニウムに科学的根拠なし” - 当たり前だが 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる