観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 『天地人』の菊姫、比嘉愛未がたまらん

<<   作成日時 : 2009/10/18 23:26   >>

かわいい ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ佳境の大河ドラマ『天地人』。10/18の放送の主役は死んでしまう上杉景勝の正妻である菊姫だ。
武田信玄の娘、菊姫は美貌で名高い。
そして、この役を演じる 比嘉愛未 が実に良いのである。

比嘉愛未は朝ドラ『どんど晴れ』のヒロインでデビューした。
その後、民放ドラマ『コード・ブルー』や『魔女裁判』などで、重要な役を演じた。
これらのドラマでは密かに彼女がドラマを支えていると言われた(ホントか?)。

某芸能評論家によると、
彼女には中高年男性の固定ファン(私もその一人か?)がついている。
可憐さと清楚さに加えて、あか抜けない地方出身の女子大生のような魅力があるらしい。
さらに、磨けば磨くほど輝きを増す原石・・・ときたもんだ。

私はNHK大阪放送局のイベントで比嘉愛未を目の前で見たことがある。

モデルあがりとあって色白美形でスタイル最高な点において長谷川京子に匹敵する。

ただ人形のようにお行儀が良い優等生ハセキョーとはキャラクタが大いに違う。

「民放番組で演じているコード・ブルーの気の強い姉ちゃんと菊姫で混乱しないか?」とKY質問をした客には少しキッとなる。「菊姫は実在の人物ですから演技上の制約が大きい。架空の人物とはまったく役作りが違う」ときた。

美貌と知性に意志の強さも兼ね備えた比嘉愛未こそ、仲間由紀恵と並んで連続ドラマを支える存在となるだろう、と“固定ファン”である私は感じる。『天地人』で共演する相武紗季や長澤まさみと比較すると、彼女らには何かが欠けている気がするのだ。

さらに、CMに出てきた松嶋菜々子を見たら、過去の人のような感慨を覚えた。

ちなみに『天地人』には、(私が)注目の女優、西原亜希 も出ている。
音楽担当は大島ミチルで、『ゴジラ対メカゴジラ』風の(?)音楽世界は実にドラマにマッチしている。

戦国時代を描いた男臭いドラマを女性が支えているのである。


魔女裁判 DVD-BOX
TCエンタテインメント
2009-11-11


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『天地人』の菊姫、比嘉愛未がたまらん 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる