観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェブリブログ (webryblog) に Google Analytics を導入

<<   作成日時 : 2010/10/19 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

自分が使っていて書くのもどうかと思うが、NEC biglobe のウェブリブログ (webryblog) はあまり評判のよろしくないブログだ。その理由の一つが、HTMLコードがいじれず、アクセス解析ソフトへのトラッキングコードが導入しにくいとされていることだ。

「2ちゃんねる」 では「使えないブログ」「アクセス解析ができないので、やめたい」等散々な言われようだ。

私はブログへのアクセス数を気にする方ではないが、アクセス解析のソフトに興味があり Google Analytics を導入してみようと試みた。はたして、可能なのかと思っていたのだが、いざやってみたら、その導入は実に簡単だった。

以下にその方法を示す。

1) Google Analytics のウェブサイト で自分のブログを登録する。

この際に、編集画面(プロファイル設定)で以下のように登録する。
ウェブサイトの URL: TOP ページのアドレス
デフォルトのページ : index.html

2) トラッキングコードをコピーする。

3) ウェブリブログにログインして、ブログ管理ページで「設定」-「表示項目」から、
フリースペース3 (サイド用)にコードを貼り付け、「トップ」 「月別」 「テーマ別」を表示モードにする。
フリースペース4 (記事下用)にコードを貼り付け、「記事」 を表示モードにする。

フリースペース3 だけで良いと書いてあるサイトも見かけたが、フリースペース4 を使い出したとたん、カウント数が大幅に増えた。スペース3だけでは不充分というのが、私の結論だ。

ただし、これでトップページ(index)と各記事へのアクセスを全てトラッキングできるわけではない。
今のところ、全アクセス総数の 3分の1程度しか数えられていない。
それでも、徐々に数値が上がってきているので、解析ソフトの認知に時間がかかるのかもしれない(Why?)。

Google Analytics の機能は多彩だ。

アクセス数をとっても、訪ねた人数、ページ数、一回の訪問あたりのページ数、サイト滞在時間、使用PC、モニター解像度 等大量のデータを見せられる。

各解析画面はグラフなどで見やすくなっており、一見ゲーム性があるかのような Google Analytics だ。

私の場合、記事を書いた日にはアクセス数、特に常連さんからが増え、新しい記事を読んで、すぐサイトを去ってしまうことが分かる。

私はこうしておもしろがっているだけで済むが、ネットを用いた商売をする人にとっては、さぞかし有用かつ、使い出したら気になるツールだろう。

例えば、客が訪問してもすぐ去ってしまうサイト(訪問当たりのページ数、あるいは時間が小)に対しては、トップページで興味を惹くようにページを作る必要がある。HPデザインの効果がダイレクトに結果となって現れるのだ。

これこそ、ネット社会の必要性が生んだツールなのだろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウェブリブログ (webryblog) に Google Analytics を導入 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる