観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 飲むべきか? 抗コレステロール薬

<<   作成日時 : 2012/12/08 11:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「年に一度のお楽しみ」である人間ドックの結果が出た。

結論から言うと 「LDL コレステロールの値以外は問題なし」。

BMI: 21.8 で誤差範囲内で何年も変わっていないし、血中中性脂肪がかなり落ちた。

おそらく食事量が減っているせいではないかという。

心肺機能・レントゲン・CT・聴力・腫瘍マーカー等も全く問題なし。

しかしである。

LDL-CHO(いわゆる悪玉コレステロール)が 177 mg/dl というのが問題だ (標準 < 120 mg/dl )。

4年続けて標準オーバーし、しかも漸増している。

さらに、エコーで肝臓がぎらついているので脂肪肝ではないかと脅かされた。

これも高コレステロールと関係あるのか?

「コレステロールは細胞膜の原料で身体に必須の成分」と強がってはみるが不気味だ。

尿酸値の薬をもらいに 野中医院 に行ったところ、さらに衝撃の警告を受けた。

「血圧の 135/81 Torr は、標準としては高い」
「血糖値も標準とはいえ高い方」
「LDL は言わずもがなで高い」
「あなたは、血管が詰まる三要素を全部持っている」

野中院長、ウィークディで暇なのか、こうして長話で脅かしてくる。

最後に、「あきらめて、血中コレステロール降下剤飲んだら?」ときた。

血圧は塩分摂取量でコントロールできることを過去に示したが、コレステロールは体質依存で減らすのが難しい。

(父親 のHDL, LDL値が私とそっくりだったが、薬は飲んでいないそうだ)

私よりスポーツマンで精悍な人で、さらに高コレステロールの例を知っている。

代謝系の問題である高コレステロール症は体型や見かけの元気さとは関係ないらしい。

皮肉なことに、一番心配の種の尿酸値(痛風のめやす)だけがいつも正常なのだ。

飲むべきか? 飲まずにすますか?

年末の悩みの種である。

<2010年のドック>

<2011年のドック>





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飲むべきか? 抗コレステロール薬 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる