観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS モリッシーの強烈コメント

<<   作成日時 : 2013/04/10 23:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

元 ザ・スミスの モリッシー (Morrissey) が、サッチャー元英首相の死についてコメントを寄せている。

これが強烈でなかなか考えさせる。

<原文>

<和訳>

日本人ならいくら対立する勢力でもここまで書かないだろう。

もちろん、こうした遠慮は日本人だけのメンタリティーではない。

冷戦時代のソ連の書記長が死んでもアメリカ大統領が弔外交を展開したものだ。

これに対し、モリッシーのコメントは 「階級社会」イギリスにおける根深い対立の歴史を感じさせる。

西側と東側勢力の思想的対立より民族内での経済的対立の方が深刻な憎しみを生むのだ。

(朝鮮半島も?)

日本における 「そういえばサッチャー時代長かったねー」的な気の抜けた論調は「平和と平等」の象徴なのか?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モリッシーの強烈コメント 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる