観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 最高のクリスマスミステリー

<<   作成日時 : 2013/12/12 22:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

クリスティは、エルキュール・ポアロに「クリスマスには殺人が似合う」 というセリフを言わせている。

サンタクロースの衣装も血を喚起させる(無理やり)。

そんなクリスティのクリスマスミステリーといえば『ポアロのクリスマス (Hercule Poirot's Christmas)』。


ポアロのクリスマス (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
早川書房
アガサ・クリスティー


Amazonアソシエイト by ポアロのクリスマス (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


クリスティには珍しい密室トリックとアリバイ工作も出てきてサービス満点だ。

このトリック、個人的には好きとはいえないが、一発トリックだけをウリにしていないところがクリスティらしいのだ。

なにより、犯人像が意外!

(いわゆる「本格好み」向きではないかも知れないが)

最後の最後まで引っ張られ驚愕、それでいて読み返すと納得の作品である。

本作、作者の代表作としてもっと評価されて良いと思う。

適当な印象を与えるタイトルが印象よろしくないのかな?

とはいえ、本作が書かれた1930年代はクリスティ全盛期だ。

前後に 『ナイルに死す』 『メソポタミヤの殺人』 『三幕の殺人』 『ABC殺人事件』 が書かれた。

『そして誰もいなくなった』 もこの頃の作品だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最高のクリスマスミステリー 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる