観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 『花子とアン』の主役は仲間由紀恵か?

<<   作成日時 : 2014/05/03 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

吉高由里子主演の 朝ドラ が好調だそうだ。

すでに映画やドラマで充分な キャリア を持つ彼女、天然キャラでありながら結構扱いにくそう。

一見、上野樹里と同タイプを思わせる。

しかし上野がネクラな天然なのに対し、吉高は明るいのでお茶の間でも安心してみていられるのだろう。

このドラマは女性優位なので、野卑な男がわめき散らすシーンが少ないのも良い。

『ごちそうさん』はじめ関西制作のドラマがあまり肌に合わない私でもおもしろい。

さて、花子の女学校へ転入してきたのが、仲間由紀恵演じる「伯爵令嬢」蓮子様だ。

実在するモデルの 柳原白蓮 も綺麗な人だったそうでこれははまり役だ。

本日の放送では最初から最後ま劇中劇の主役ジュリエットを演じ完全に主役を食った。

白蓮はその後壮絶な人生を歩んでおり、彼女を主人公にしたら昼のどろどろドラマになってしまうだろう。

『花子とアン』は蓮子様に限らず脇役がなかなか良く描けており、ヒットするドラマの王道ともいえよう。

脇役といえば、朝ドラ主人公の夫役は大事。

かつて、渡辺謙や野村萬斎も一般に知られるきっかけになった。

(ごく新しいところでは、向井理)

今回花子の夫となるのは、 HK の主役を演じた鈴木亮平だ。

およそ NHKには似合わない映画だが、本人はどちらかというと平凡な顔立ちでいい人風。

今後の人気が予想されるが、HK を黒歴史にしないで堂々とキャリアに入れて欲しいものだ。


アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
新潮社
2011-08-28
村岡 恵理


Amazonアソシエイト by アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『花子とアン』の主役は仲間由紀恵か? 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる