観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼 ミスタースポック

<<   作成日時 : 2015/03/02 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて『宇宙大作戦 (スタートレック)』でミスタースポックを演じていた レナード・ニモイ氏 が亡くなった。

ミスタースポックは、ドラマの顔ともいうべき存在だった。

『宇宙大作戦』は知らなくても、「耳のとがった宇宙人が出ていたドラマ」で通じることも多い。


宇宙大作戦 シーズン1 デジタル・リマスター版 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2009-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙大作戦 シーズン1 デジタル・リマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ちなみに、ニモイ氏演じるスポックは 新作 にも登場している。


実は私はかつて私も「宇宙大作戦ファンクラブ」に入っていた。

一部アメリカ人のこの TV & 映画シリーズ への思い入れは相当なようだ。

予備知識のない人が観に来る映画版よりTVシリーズの方がマニアック度が高い。

スピンオフ含む幾多のシリーズで劇中の数百年をカバーしていることになる。

そうはいっても、主人公=白人、脇役=有色人・宇宙人・アンドロイド(?)という図式は変わらないんだが。。

さらにオープニング映像を観ると、1960年代から基本路線は変わっていないことが分かる。



むしろCGなどなにもない初期オープニングの完成度の高さに驚く。

1960年代半ばで日本は「ウルトラQ」の時代だから、よくやったと称えたくなる。

あとは好みの問題だろう。

DEPP SPACE NINE (3'40''-)は、ワームホールの近くで異世界との境界に位置するステーションという設定。

宇宙船が舞台でない異色作だが、なかなか格調が高い。

初めてオープニング路線を変えた ENTERPRISE が視聴率低下で撃沈したのも頷けるだろう。

見終わって冒頭に戻すと、やはり最初のシリーズのあっさりしたオープニングが一番好ましく感じられないか?

木星の前を通過する映像など、その後の映像表現でも定番になった。

50年前に進んでいたのか、現在が50年前並みなのか分からなくなる。

確かなのはミスタースポックを超える個性は出ていないということだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
追悼 ミスタースポック 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる