観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊迫した時代劇

<<   作成日時 : 2015/07/12 18:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

晩年の水戸黄門が腑抜け路線になった21世紀、逆にリアルさを追求したドラマが現れた。

『柳生十兵衛 七番勝負』である。

評判もあってその後続編が作られたが、最初のシリーズが最も力が入っている。



夜盗の群れと戦う冒頭からして凄まじい。

刺客との一騎打ち (36'00''-) では一転して緊張感がみなぎり、制作陣の入れ込み方が分かる。

夜盗の大将と刺客を演じるのはプロの俳優でなく、殺陣師で新陰流も学んだ人だそうだ。

(DVD にメイキング映像がある)

リアルな殺陣を追求したため、敵方にも変な配役(アイドル、お笑い等)がいない。

その中でも狂言師 茂山逸平 演じる狂気と宿命を抱えた若者は時代劇には珍しいキャラクタだ。

他にも、父 宗矩や弟 宗冬(又十郎)との葛藤など名シーンが多い。

NHKの金曜時代劇は過度な商業主義に流されず良作を生み出している。

最近もその路線は保たれてはいるものの、高齢視聴者を意識してか枯れすぎの感がある。

「柳生十兵衛」は殺陣とドラマを両立したまれに見るシリーズだったようだ。

吹田市の図書館にはシリーズ全作のDVDがあるので、借りて観られるのがありがたい。


柳生十兵衛 七番勝負 [DVD]
NHKエンタープライズ
2005-10-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 柳生十兵衛 七番勝負 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊迫した時代劇 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる