観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS なかなか出ない警報

<<   作成日時 : 2015/07/16 20:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

外では風が吹き荒れている。

台風11号がそろそろ四国に上陸しそうなので、大阪も間もなく暴風域に入るのだろう。

大阪と京都は自然災害に強いイメージがある。

台風が逸れることも多く、大阪に上陸するか京都に大災害をもたらしたことはあまり記憶にない。

近隣の和歌山や兵庫では局地的な大雨で犠牲者をしばしば出すのと比べるとなおさらだ。

おかげでか知らないが、大阪ではなかなか警報を出さない気がする。

本日も例外ではない。

画像


注意報は「予報の延長」、すなわち大雨注意報=「雨がたくさん降る」という予報である。

これに対し、警報は「災害の警告」、大雨警報=「雨で災害が予想」という意味だ。

警報が出にくいということは、地形的環境(インフラ含む)で災害を受けにくいということでまあ喜ばしいのだろう。

台風に関しては、紀伊半島と四国の太平洋側で大雨をもたらし、水分を失ってしまうのかも知れない。

それにしても、先ほどから外で暴風が吹き荒れ、TVの声も聞こえないほどだ。

一歩外に出たら吹き飛ばされそうで、なんでこれが暴風警報対象にならないのかとも思う。

考えてみれば、ここは集合住宅の10階であり、地上摩擦が小さいため強風が吹く。

ということは、千里中央のタワーマンションの上層ではどんな風が吹いているのだろうか?

普段下界を見下ろしている人たちのことを考えると少しは溜飲が下がるのである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なかなか出ない警報 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる