観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 彦根は楽しい

<<   作成日時 : 2015/09/21 20:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

私は時々連休を利用して「執筆旅行」に出かける。

京都・大阪等は外国人の観光ブームでホテルが高騰するため、地方のホテルで原稿を書くのだ。

前回の西明石(お盆休み)は、観光要素がないため実に筆が進んだ。

今回は彦根だが、近畿地方でホテルが空いていて安いという安直な理由で選んだ。

ところが、この町は予想以上におもしろかったのである。

彦根といえば、国宝彦根城、徳川将軍家の重臣井伊家の代々の城だ。

ここは天守閣が残っている数少ない城だが、城周辺も綺麗に整備・維持され、どこをとっても絵になる。

画像


城内からは電柱や高層ビルが見えないため、数々の時代劇ロケに使われてきた。

さらに各所旧跡を案内するボランティアさん(?)が手慣れていて頼もしい。

なにを聞いても答えてくれるが、近江商人の土地柄か人当たりが良く、押しつけがましさがない。

幕末の重要人物、井伊直弼の生誕200年祭だそうで、展示物からは大名茶人としてのインテリぶりが伺われる。

一般には 「通商条約を勝手に結び、反対派に暗殺された豪腕政治家」 のイメージだが、地元では名君なのだ。

また、彦根駅の反対側には、豊臣の総大将石田三成の居城である佐和山城(跡)がある。

彦根は、東西両陣営にとって重要な地であったのだろう。


彦根城周辺を見て歩くうちに知ったのだが、2017年のNHK大河ドラマ の主人公は井伊直虎(誰?)だそうだ。

まったく知らない人だが、 ゲーム の登場人物としては有名らしい。

ずいぶんとマニアックな人選に感じるが、大河ドラマ第一作 『花の生涯』 は井伊直弼を主人公にしたものだった。

彦根の井伊家は、戦国時代(井伊直政)、幕末(直弼)ともに重要な位置を占めている。

大河ドラマへのたびたびの登場も当然といえよう。


安い旅行ができるという理由で選んだ彦根だが、いろいろな意味で思わぬ当たりだった。

おかげで原稿がまったく書けなかったのは愛嬌である。



隔週刊マガジン 名城をゆく(7) 2015年 7/7 号 [雑誌]
小学館
2015-06-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 隔週刊マガジン 名城をゆく(7) 2015年 7/7 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彦根は楽しい 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる