観たい・聴きたい・読みたい

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜテレビは、つまらないのか?

<<   作成日時 : 2016/12/23 10:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

『真田丸』 はじめ予定されていた放送が終了すると、各局は「年末特番」を放送し始める。

あらかじめ収録したであろう気の抜けたバラエティが中心だ。

なぜ日本のテレビ番組、特に民間放送は、こうもくだらなくつまらないのか?


先日抽選で当たって 勝間和代 の講演を聴いてきた。

大まかな内容は「財政破綻したこの国で、この先どうやって資産を確保するか」といったものだ。

「20代で1000万、30代で5000万円の収入を目標にして実現した」という勝間氏の意見、庶民の参考になるのか?


その内容は意外と普通で、「タクシーをやめて歩けば健康で金がかからない」 など小さな工夫が多い。

「宝くじは割りの合わない博打で、買う人の気がしれない」といったわりとありきたりなアドバイス(?)もあった。


「皆さん、民間放送のテレビ番組がどうしてああもつまらないのか知っていますか?」と会場に質問。

彼女に言わせると、理由は簡単で 「タダだからです」。


たしかに民放は広告収入で成り立っているわけで、視聴者は金を払っていない。

放送局の「お客」はスポンサー企業であり、CMを流すのが目的であることぐらい皆知っている。


さらに勝間氏に言わせると視聴者負担がタダであることで、ある程度客層が固まり番組制作に影響するという。

つまり娯楽に金をかけられない平均以下の収入、また上昇志向のない人間寄りの番組になるというのだ。


「テレビを観るしかない人間」 になにが有効か?

それは「小さな優越感を与えること」、すなわち弱者や貧者を見せて「自分がまだまし」と思わせることだ。


そこで、「世界が絶賛する日本」 「日本の美しいナントカ」 のような露骨な自画自賛番組となる。

「個人は貧しいが日本は世界に通用する」というすり替えが行われているが、実際こういう番組が多い。

島国根性を見せられるようで不愉快だが、企画にゴーサインが出やすいのだろう。


世界から絶賛されることを自身で吹聴するなど慎みに欠け、むしろ日本的でない気がする。

日本人の内向き指向というのは若者よりむしろ上の世代で深刻ではないか?


勝間氏の手慣れた講演はさすがに巧く、あっという間に時間が過ぎた。

こんなことをあっちこっちで言っているので、最近テレビであまり見かけないのかなとも思った。


しかし、タダのテレビがつまらないのはまぎれもない事実。

WOWOW の 『沈まぬ太陽』 のできがあまりに素晴らしいため、その感を強くした。


原作から安易に回避せずタブーに踏み込み 「日本のテレビ制作者もここまでやるか!」と思わせる。

大河ドラマに匹敵するスケールや問題提起も スポンサー収入に頼らない有料テレビだからこそできること。

出演俳優のグレードも NHK 大河以上で、ジャニーズやお笑いタレントはほぼ皆無だ。

この作品に出られた俳優は、自身を誇りに思うだろう。

主演、上川隆也 が今引退しても、生涯の代表作として残るに違いない。


案の定、『沈まぬ太陽』 は好評につき、今月末に全20話一気に再放送だそうだ。

こういう「年末特番」は歓迎である。



沈まぬ太陽 DVD-BOX Vol.1
KADOKAWA / 角川書店
2016-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沈まぬ太陽 DVD-BOX Vol.1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




沈まぬ太陽 DVD-BOX Vol.2
KADOKAWA / 角川書店
2016-12-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 沈まぬ太陽 DVD-BOX Vol.2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜテレビは、つまらないのか? 観たい・聴きたい・読みたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる