えっ、ドラゴンズが日本シリーズへ?

シーズン2位だったドラゴンズが、なんとクライマックスシリーズ 3連勝で巨人を下した。
前評判では巨人有利だっただけに驚いた。

これで日本シリーズで再びファイターズと戦うのだ。

それにしても、今期のレギュラーシーズン(特にセ・リーグ)は少し低調だったように思う。

巨人の左3本柱(高橋、内海、金刀)はそれほど大したピッチャーとは思えないが、ドラゴンズはじめ、かなり白星を献上。

冷静に戦力を分析すれば、本来ジャイアンツはわがドラゴンズの敵ではないはずだ。しかし今年の投手陣がいつになく不安定で、川上などゲーム終盤で崩れることしばしば。さらに中継ぎの岡本らが打たれるのを何度見たことか。パ・リーグのダルビッシュや成瀬のような絶対的エースが羨ましかった。さらに、福留のいないドラゴンズ攻撃陣は打線が繋がらず、ウッズの一発で救われる試合が多く、例年らしくなかった。

肝心のクライマックスシリーズだが、シーズン終盤の不調を引きずったタイガースに 2連勝したのが大きかった。昨年の交流戦や日本シリーズを観ても分かるが、ドラゴンズは短期決戦に弱い。しかしリーグ優勝後のジャイアンツは、待ち疲れで集中力を欠いていた。しかも「地元で勝たなければ」というプレッシャーからか、最後はガチガチになっていたようだ。

ジャイアンツ選手の負け犬のような目は昨年の日本シリーズのドラゴンズを思い出させた。
ジャイアンツファンのストレスは溜まったろう。

パ・リーグは勝負強いファイターズが制した。新庄や小笠原が抜けたのに、実にしぶといものだ。

ドラゴンズにとって因縁の相手だが、挑戦者気分でぶつかれば日本一だって充分ありえる。クライマックスシリーズで川上、岩瀬が復活してきているのは心強い。成長した中田、小笠原あたりが意外とやってくれそうな気もする。そうでなければタイガース、ジャイアンツに申しわけない。

ここ数年、勝ちに慣れた北海道民をギャフンと言わせて欲しいものだ。

なにせ生まれてから、ドラゴンズ日本一を見たことがないのだ。

ほんとに、そろそろ頼みますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック