お奨めミステリー小説 (164) 『天井裏の散歩者』 折原一

この作品はユーモアミステリーだろうが、連作短編集としても良くできている。

パロディの名手らしくタイトルこそ乱歩ぽいが、内容はあまり例を見ない独創性に満ちている。

この作品にはミステリー出版界の内幕ものという一面もある。ミステリーコンクールの下読み(最終候補作を絞り込む作業)をする際、読まずにタイトルで落としたり、ペンネームが気に入らないと読まないなど、現実だったら空恐ろしい。
--------------------------------------------------------------------

[あらすじ]

練馬区のはずれに幸福荘という二階建てのおんぼろアパートがある。
ここには日本推理小説界の重鎮、小宮山泰三が妻子とともに住んでおり、数々の名作がここから生まれた。

この幸福荘にはいつの間にか小宮山を慕う推理作家の卵たちが集まってきた。
そして梁山泊のように切磋琢磨し、何人かはプロになって巣立って行った。まるで手塚治虫のトキワ荘のように。

今また、一人の若者が幸福荘にやってきた。
ここに住みながら小宮山の指導を受け、推理小説界で一旗揚げようというのだ。

彼が首尾よく入居した部屋にはなぜかワープロが置かれていた。
小宮山先生が気を使って差し入れてくれたのだと思っていると、なぜかその脇にフロッピーディスクが置かれている。
その中にはいくつかの小説らしきタイトルが保存されていた。

興味を引かれて読み進めると、そこには驚くべきことが書かれていたのだった。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 西原理恵子さんの作風

    Excerpt: 西原理恵子さんはその後も数々の賞を受けられており、さらには連載ものも後を絶ちません。西原理恵子さんは2005年6月現在、毎日新聞にて、主婦の日常をつづった「さいばらりえこの毎日かあさん」、「ビッグコミ.. Weblog: 西原理恵子 racked: 2007-10-10 08:53