六本木でウルトラマン

六本木ヒルズ 52階の森アーツセンターギャラリーで開催中の 『ウルトラマン大博覧会 ~ROPPONGI 天空大作戦~』 を観に行った。

40年以上に及ぶ円谷プロの作品群の中から『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』を中心とした展示だ。

昔観たTV番組は当時の世相とともに記憶に残るもの。再放送世代の私でもそうなのだから、高度成長期にウルトラマンを観た当時の子供には、ことに懐かしいに違いない。

したがって客層の中心は当時テレビを観ていた40代後半かと思いきや、かなり若い人も子連れで来ている。
「平成ウルトラマン」しか知らなくても、それなりに楽しめるようだ。
「ウルトラマンメビウス」で昔のウルトラシリーズをリバイバルした影響もあるだろう。
また、中年女性や外国人など意外な客層も結構いた。

円谷プロの全面協力だけあって、展示はなかなかに充実している。

展示前半に歴代スタッフや俳優のコーナーがある。「円谷英二といえばウルトラマン」と思いきや、特殊効果の仕事は多岐に渡り、怪獣関係はほんの一部でしかないのだ。1970年の大阪万博でも「未来の映像」を製作した。

またムラマツ、キリヤマ両隊長やソガ隊員などが既に故人となったことを知り、しばし合掌。

展示スペースで当時憧れの的だった隊員の制服や小物など、近くで見ると結構チープな素材だったりしてスタッフの苦労が偲ばれる。

展示はかなりのボリュームで、¥1300 という入場料もぎりぎり許容範囲か。
正月なので会場が空いていたのはありがたかった。

六本木ヒルズの52階というスペースにありながら、その後展望することなくヒルズを後にした。

今日だったら富士山まで見えたかもしれない、と少し後悔。



ウルトラマンシリーズ生誕40周年記念 ウルトラマン 主題歌大全集


ウルトラマンシリーズ生誕40周年記念 ウルトラマン 主題歌大全集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック