もうひとつの薬師寺展

東京国立博物館 では 『平城遷都1300年記念「国宝 薬師寺展」』 が開催中だ。
門外不出だった国宝の日光・月光菩薩像が評判で、随分客が入っているらしい。

もちろん仏像も工芸品・オブジェとしては悪くないが、各時代の最高水準の宗教的記念碑であり、治世者の力を示す広告塔であった。私は具象的な工芸の極致であるこうした仏像にあまり感動を覚えない性質だ。

ところで薬師寺には 薬師寺東京別院 がある。
場所はJR五反田駅近くの閑静な住宅地で、「都会のオアシス」を標榜するだけある。

この別院、雰囲気は庶民的だが、奈良時代以降の重要文化財の仏像その他が多数ある。

全体に小粒だが、地蔵菩薩の柔らかい表情など、厳しく透徹した日光・月光よりも好みだ。

また、ここは気軽に写経が楽しめる寺院でもある。

もともと檀家を持たない薬師寺はこうした方法で布教や収入増を計ってきたそうだ。

私も少しは協力しようと携帯ストラップを買ってしまった。

ここは結構穴場である。



木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック