タイガースよ、強すぎるぞ!

昨日タイガーズがジャイアンツを下し、クライマックスシリーズ進出のためのマジックナンバーが点灯した。

オールスター前だというのに何という事態であろうか。

残念ながら、今シーズン、他チームがセ・リーグ優勝する可能性はかなり低いだろう。

ここまでタイガースに独走を許した元凶はわがドラゴンズのだらしなさに尽きる。

今年はカブスに行った福留が抜けたとはいえ、昨年終盤も彼抜きでクライマックスや日本シリーズで圧勝して見せたではないか。

ところが、今年はすでに「タイガースを止めようがない」という雰囲気が蔓延しているような気がする。つい最近も直接対決で3タテを食らったばかりだ。

毎年ほぼ互角の成績でここ何年か、セ・リーグを引っ張ってきた2チームだが、ここまで水を空けられては救いようがない。

阪神がこける可能性といえば、甲子園の高校野球が雨で順延を繰り返し「死のロード」が長引くとか、食中毒で選手の半数が倒れるとかハプニング頼みだ。

しかしタイガース圧勝でセ・リーグ優勝を早々に決めて本当にめでたいのか?

タイガースのリーグ後半は消化試合が多くなり、クライマックスシリーズへの間隔が空くだろう。
そうなると緊張感が抜けたタイガース選手のコンディション管理は大変だ。

ドラゴンズとジャイアンツ(場合によっては他チームも)の2位3位争いは最後まで続きそうなので、緊張を保ったままシリーズになだれ込んだらタイガースもうかうかしていられない。

そうなると、「1位を独走させておき2位が狙い目」という妙な法則が成立する。

結果的にタイガースファンが日本シリーズを指をくわえて見ることになる、となったら大阪は暴動ものではないか。

このままいくと、そうなる確率は決して低くない。

そもそも「クライマックスシリーズ」は観客動員を狙ったセ・パ両リーグがMLBを真似て始めたもので、選手やファンのことなど考えていない。

MLBは最初から地区リーグで戦っているから(アメリカンリーグの松井とイチローは普段対決しない)、ナンバー1を決める必要性があるのだ。

全チーム総当たりでリーグ優勝を決めた日本の野球チームがなぜまた下位チームと「代表決定戦」をやらねばならんのか?

おかげでドラゴンズは昨年日本一になれたわけだが、それでも疑問は残っている。

ジャイアンツを誰も「セ・リーグ優勝チーム」と認識していなかったことを考えても、こうした事態は避けたい。

プロ野球全体のためにも「クライマックスシリーズ」などやめてしまえ、と思うのである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック