京都文化博物館の『KAZARI - 日本美の情熱』

京都文化博物館 は古都京都にあっては比較的新しい施設で、現在『KAZARI - 日本美の情熱』を開催中だ。

日本人は信仰や祭礼、合戦の場にいたるまで、旺盛なエネルギーをもって飾りたててきた。
その実用性を度外視するほどの「かざる」情熱は、日本文化の一つの潮流だ。

この展覧会では、縄文土器から現代に至るまでの日本の「かざり文化」を分野を超えて紹介する。本来は実用品である兜の大げさなデザインから細かい細工を伴った食器やかんざしなど高度な職人技の生みだした作品が並ぶ。装飾に捧げられた職人技を鑑賞する企画といってよい。

こうした職人芸への強い憧憬は日本社会特有のものだった気がする。日本は他国より伝統的に職人の地位が高かった。一介の職人だった左甚五郎や刀工たちの名前が数百年後も残っているのだ。これに対し、例えばノートルダム寺院の魔物象の作者など知られていないだろう。

特に江戸時代には、写実的なものや目的とする事物を忠実に再現する職人的技量が賞賛された。実際、展示された九谷焼や古伊万里などの染付けや透かし彫りは見事なものだ。浮世絵や複数の版木を使用した版画についても同様なことがいえる。

しかし、こうした世界では抽象的な芸術が育ちにくい。浮世絵はただのブロマイドに過ぎず、同時代のフェルメールに比べればなんの奥深さもない。さらに「日本の芸術」とされる襖絵・山水画・屏風絵など国宝の風神・雷神図に至るまで私はほとんど感動を覚えない。これらの多くが雇われ絵師の技術の精華に過ぎないのだ。

しかし、日本刀だけは例外だと感じていた。

解説によると、日本人が抽象美を感じてきた数少ない例が日本刀であるという。たしかに、秀吉の時代ですら、刀は人を切るという目的を超え、美の鑑賞のためにあった(刀は銃や槍に比べ殺傷力が低く合戦で役に立たない)。しかし「これは名刀じゃ」と言っていた本人もなにが魅力的なのか説明できなかったのではないか。あえていうなら”幽玄の美” -まさに抽象美だ。

私も知らず知らずのうちに、そうした魅力を感じてきたのだろうか。

余談だが、「閉じた大衆社会」である江戸時代の日本においては、関孝和はじめ算術計算は発達したが、抽象的な数学は全く育たなかった。同時代のヨーロッパ人が楕円関数や群論を生み出したのと対照的だ。見て感心することにのみ慣れた人々は数学という抽象美を鑑賞する余裕が無かったのかもしれない。

同様に、「閉じた人民社会」であった旧ソ連では、誰もが理解できる明朗な芸術(写実絵画や調性音楽等)が賞賛され、内在的な問題提起を孕む作品や実験音楽は"ブルジョア"のレッテルを貼られ遠ざけられた。

「わけが分からないが気になる作品」を許容するのが、文化的成熟度が高い社会ということか?

京都文化博物館

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック