久々の奈良への旅

小学校の修学旅行で奈良を訪れて以来、京都のついでに博物館に立ち寄った以外は奈良に行った記憶がない。
ところが、先ごろ出張で奈良に3泊4日の滞在をする機会に恵まれた。

現在、奈良は「平安遷都1300年」とかで、お祭り気分が味わえるのかと思っていたが、街は結構静かだ。
記録的な暑さで、日中外を出歩く人間は酔狂な観光客くらいなのだろう。

それにしても京都に比べて、随分と鄙びた“古の都”だ。

こちらは仕事でホテルに缶詰なので、観光する時間など皆無だ。
会場となった 奈良ロイヤルホテル は名前こそ“ロイヤル”だが、若干微妙なホテルであった。
(平城京跡の近くだから“ロイヤル”?)

いくらなんでも、シンポジウム会場周辺でインターネットに繋げないのは改善の余地があるだろう。

ただし、会場そのものは金ぴかの下品一歩手前で、見方によっては格調の高さがあった。

画像


また、値段のわりに食事は充実していた。

もちろん、ホテルスタッフができる範囲で努力してくれたことには感謝している。
男性社会の日本ではありがちだが、実は女性スタッフの方が如才がなかった。

さて、なんとか仕事を終えて、8/22の午前中に帰れることになったので、奈良国立博物館 を訪ねてみた。
かつての本館は仏像館となっており、現在は東大寺法華堂金剛力士像(阿吽の像)を特別公開中だ。
これは大変力強いもので、仏像好きではない(具象的な美術品にあまり興味がない)私にも強いインパクトを残した。

また、「修復」に的を絞った展示では有名な阿修羅像を当時のままに再現したレプリカが興味深い。
できた当時は紅殻の朱色に覆われた八坂神社の鳥居を思わせる鮮やかなものだったのだ。

ただ、奈良国立博物館の仏像コレクションは立派だが、一方で仏像以外に見るものがあまりないのも事実である。

帰りは炎天下、近鉄の駅まで歩き、電車に乗って一安心。
のはずが、疲れが出たのか、降りる駅を間違えて上本町から堺筋まで歩く羽目に。

この日の奈良は36℃を超えて、この夏一番の暑さだったそうだ。
ゆうに私の体温より高い。

30年ぶりの奈良旅行も、とんだ日に当たったものである。




【仏像】 阿修羅
仏像ファクトリー 阿修羅


Amazonアソシエイト by 【仏像】 阿修羅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック