相撲は国技でもなんでもない

あいも変わらず相撲界はスキャンダルの宝庫だ。

八百長疑惑は昔からあり、 元小結板井 の告発で一時は注目されたが、いつのまにか下火になった。

今でも多くの力士がガチンコだとは思うが、7勝7敗で千秋楽に勝つ力士が多いのも事実。
実にグレーな世界だと思う。

ただ、街角の人にインタビューすると「国技を汚して」等の答えが返ってくるのにはハテナと思う。

実は、

相撲は「国技」でも何でもない。

「国技」になったこともないのである。

日本の古い神事に端を発するのは確かだが、ただそれだけ。

文化庁も相撲を日本の「国技」とは認めてなどいない。

というか、「国技」など日本にはないというから驚き。

東京場所を「国技館」という会場でやっている、という理由で多くの日本人が勘違いしているだけなのだ。

だからって、某国会議員の言うように公益法人の認可を取り消したら、相撲協会は客集めになんでもやり出すだろう。

放っておくとプロレスのようなショーになってしまう。

私は相撲界の数々の問題の元凶は 「部屋制度」だと思っている。

相撲を後世に文化として残したいなら、力士の養成システムを近代的に変えなければならない。

もちろん、稽古や食事内容には、長年の経験の蓄積があるのだから、良いところは残す。

イメージで言うなら、競馬の騎手養成所のようなところだ。

「元一相撲ファン」の意見である。


中盆―私が見続けた国技・大相撲の“深奥”
小学館
板井 圭介


Amazonアソシエイト by 中盆―私が見続けた国技・大相撲の“深奥” の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック