セクシーな義足

8月26日放送のNHK サキどり 「世界をリード!パラリンピックを支えるものづくり」 が興味深かった。

ロンドンパラリンピックに出場する義足の陸上選手を取り上げたものだ。

パラリンピック陸上競技に出場する女性選手はひいき目でなく美人が多い。

義足を人前に晒し、記録を狙って走り跳ぶという行為は、相当なエネルギーを必要とする。

その点が、他の競技(水泳や球技など)と一線を画するようだ。

こうしたエネルギーが彼女らを輝かせているのだろうか。

それを裏付けるかのように、番組には十代で片足を切断して以来一度も走ったことがないという女性が登場した。

彼女が人の勧めで初めてトラックに出て走り出した途端に表情が輝いた。

司会のカビラ氏が言うように「別人の表情になった」のである。

私が以前目にした選手は、普段も膝から下の金属製義足が見える服装をしていた。

ショートパンツから出たその足がアンドロイドのようで妙にセクシーだったことを思い出す。

もちろん義足などの素材や技術の開発も進んでおり、下手すると健常者の記録を上回りそうな競技すらある。

「パラリンピックの父」 グットマン の言葉、「亡くした身体を惜しむな。残された部分を生かせ」という発想が、優れた義足や車椅子を生んだのだ。

かつて、自動車開発からセーフティ技術が生まれ、戦争が衛星やレーダーの発達に寄与したのと似ている。

開催国イギリスでは、日本と異なり、「オリンピック祝勝パレード」をまだ行っていない。

パラリンピックが終了してから一緒に行うからで、同国のオリンピック選手の多くがこれを支持している。

日本のスポーツ番組(特に民放)にメダルをかけて引っ張り出され、おもしろおかしいコメントを求められている選手たちを見るにつけ、憐れみを感じる。

日本におけるアスリートの地位の低さを象徴する光景だ。


中西麻耶カレンダー 2012-2013
カレンダープロジェクト Calendar project


Amazonアソシエイト by 中西麻耶カレンダー 2012-2013 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック