日本人がイグノーベル賞受賞

ノーベル生理学・医学賞受賞の山中教授は素晴らしい。

研究レベルは当然としても、スタッフや周囲への気遣いも見習いたいものだ。

「実るほど首を垂れる稲穂かな」を地でいっている。

そんな中、2012年の イグノーベル賞 (Ig Nobel Prize) を日本人が獲っていた。

これはノーベル賞のパロディで、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞である。

日本人は結構受賞者が多く、本家ノーベル賞より「輝かしい実績」を誇る。

(日本人受賞者)

過去の受賞者を見ると、バウリンガルのバンダイや粘菌コンピュータの中垣先生など結構有名どころもある。

今年の受賞は「音響賞」。

人の発話を妨害する装置「スピーチジャマー(SpeechJammer)」の発明だ。



PR 動画を観てもピンと来ないが、効果はあるんだろうか?

ノーベル賞を一つ獲ると大騒ぎの日本にあって、マスコミは山中ネタでしばらくもたせようと必死だ。

一方で、イグノーベル賞は「おバカでまじめな人」に与えられる賞であろうから、狙って獲れるものではない。

山中ブームに便乗して再生医療を真剣に考えるのもいいが、しょうもない研究を笑って見守る余裕も持ちたいものだ。


山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
講談社
山中 伸弥


Amazonアソシエイト by 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック