がんばれ、上村愛子

上村愛子 がいつの間にか34歳になっていたと聞き驚いた。

長野五輪のときは金メダルの里谷の陰に隠れ、参加することに意義があるという印象だった。

札幌のイベントで目にした彼女はずいぶんと小柄で、若いのにインタビューに丁寧に答えていた。

当時の私はスピードスケートの岡崎朋美を応援していて、モーグルという新興競技にはあまり興味なかった。

しかし、今は愛子がんばれになっている。

今の彼女は以前の岡崎を思わせる。

明らかに体力は全盛期を過ぎ、ジャンプ技の難易度の標準も上がった。

どう見ても苦戦は否めないのを血のにじむ努力で補っている。

『NHK クローズアップ現代』 でもそんな彼女の日常をドキュメントしていた。

ところが、番組後半に現れたのが彼女の夫、元アルペンの日本代表 皆川氏だ。

いきなりスタッフにため口で 「冷蔵庫の中見た?」 「愛子がいないとからっぽなんだよ」 ときた。

自分は料理も買い物もせず、妻 愛子の大事な時期に飯を作らせてビールを飲んでいるのである。

お前はチャラ男か?

そんな夫を見てにこやかにしている愛子はよくできた人。。というよりただのダメンズ好きでないといいのだが。

オリンピック競技を戦うにはメンタルの安定も大事である。

こんな夫でも彼女のためになっているのだろうと無理矢理納得した。

先ほど終わった予選、日本人最高位の7位だった。

順位は結果として、悔いのない滑りをして欲しい。


<追記>

結果は僅差で4位とメダルは逃したが、「悔いはない」と爽やかに笑っていた。

夫皆川氏は「彼女を尊敬します」と泣きそうだったがまあ許してやろう。



スキーがうまくなるカラダのつくり方 (LEVEL UP BOOK)
実業之日本社
上村 愛子


Amazonアソシエイト by スキーがうまくなるカラダのつくり方 (LEVEL UP BOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック