ひこにゃんにゆるキャラの原点をみた

彦根観光 で避けて通れないのが、ゆるキャラの元祖ともいえる ひこにゃん

しかし、どこでも会えるというわけではない。

彦根城の周りで一日に3回、一回30分ほどのパフォーマンスを行う。

せっかく彦根城に来たのだからと、ひこにゃんの姿を拝ませてもらったが、予想と少し違っていた。

まず動きがゆっくりだ。

ひこにゃん自身はまったく声を発さず、BGMもなし。

数少ない例外が ひこにゃん音頭だ。




この路線はずっと変えていないようで、「ひこにゃん劇場」ではゆったりとしたパントマイムが演じられる。

ひこにゃんには取り立てて芸はない。

しかし、頭の大きい姿といい、よたよたした動きといい、観客は保護欲をかき立てられる。

そして「ひこにゃん、かわいい!」の大合唱となるのだ。



ひこにゃんは、昨今の自己主張の激しい熊本や船橋のキャラクタと対照的だ。

しかし「ゆるきゃら」は、本来「ゆるい存在感」を示すキャラクタのはず。

ひこにゃんこそが、ゆるキャラの原点にして最強の存在なのだ。

(特撮界のゴジラ、野球界の沢村栄治みたいなもの?)


ひこにゃんの静かなたたずまいは 「秘すれば花」(風姿花伝) の能役者のようにも感じられる。

そういえば文化人の家系である井伊家らしく、彦根城には能舞台があり現在も上演に使われている。

ひこにゃんの動きも能の伝統を受けついでいるのかも知れない。

単に構造上ゆっくりとしか動けないのかも知れないが。。



ひこにゃん ぬいぐるみ 25cm
MYS株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひこにゃん ぬいぐるみ 25cm の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック