『オリエント急行』 リメイク版は少し残念

クリスティは自作を映像化するのに消極的だった。


死後作成されたTV版の『ポアロシリーズ』『マープルシリーズ』は、数少ない成功作品だろう。

映画において唯一ではないかと思う成功作が 『オリエント急行殺人事件』(1974年) だった。



ポアロ役の名優アルバート・フィニーは見事にはまっていたが本作限り。

加えて、A.パーキンス、J.ギールグッド、S.コネリー、V.レッドグレイヴ、L.バコール、I.バーグマン、J.ビセット、R.ウィドマークら豪華キャストがお祭り映画的な雰囲気をいやがおうでも盛り上げる。

「誰が殺した?」という話だから、豪華キャストでないとバランスが取れないという事情はあるにしてもだ。


この映画、陰惨な殺人を扱っていてものどかな「旅行記」になっているのが面白い。

音楽もそうで、ヒッチコック監督の『バルカン超特急』などと通じるものがある。

おかげでポアロの適当な「解決」の後も妙に後味がよい。


新作 『オリエント急行』 は、失敗の少ない英国の名優ケネス・ブラナーの監督作。



しかし、彼の腕をもってしてもリメイクはなかなか難しかったようだ。

なにより結論が有名すぎて犯人を変えられないため、そこまでの過程を工夫する必要に迫られている。

その結果、ポアロのキャラクタが情熱的かつ行動的(アクションあり)で何か違和感が強い。

ポアロは内面で悩んでも、容疑者一同の前で銃を振り回し喚き散らすのは似合わない。

(髭を除くと容姿の原作との違いもあるが、とりあえず問題にしない)


またキャストの格にばらつきがある。

バコール → M.ファイファー、バーグマン → P.クルス はまあ分かる。

しかし他のキャストは演技派中心であるものの、前作に遠く及ばず渋い脇役俳優が多い。

前述の74年版の俳優たちなら、主役としての代表作がすぐ浮かぶはずだ(007, サイコ 等)。


一方で、冒頭しか登場しない被害者は J.デップ だから少しもったいない。

彼なら、S.コネリーの演じた役ができたはずだ。


また特殊効果 (CG?) に頼った列車のシーンも少し興ざめで「旅の映画」として楽しめない。


舞台で実績があるブラナーが工夫してまじめに作っている映画なのは認める。

一方で、2時間に謎解き、アクション、倫理感など無理矢理詰め込んだハリウッド映画であることもたしか。

特に冒頭のイスタンブールのシーンは少し冗長だった。


『オリエント急行』は、もはやリメイク不可能なミステリー映画の一つなのかもしれない。


しかし、クリスティの作品にはもっとおもしろいものがいくつもある。

(参考)


これらを K.ブラナーに新しい解釈で映画化してもらったら面白くなるのではないだろうか?



オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
早川書房
アガサ クリスティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック