赤くも青くもない月

昨夜の皆既月食、 仰々しい触れ込み だったが、どうということはない普通の月食だった。


途中まではNikonの超望遠レンズの手持ちで撮れたのだが、皆既になる前に雲が出てしまった。

画像



こうなるとただの夜である。


以前見た 赤い月 の方がはるかに自然の神秘を感じさせた(同じカメラで撮影)。


日中太陽が欠ける日食に比べると月食は地味な気もする。


しかし、それは夜でも明るい現代の都会での話し。

闇に閉ざされた太古の夜には月の光が貴重であり、それが突然欠ける月食は畏怖の対象であったろう。


そうとでも思わなければ、寒いベランダでの観測は報われない気がする。








この記事へのコメント

2018年02月02日 00:54
こんばんは。
とても美しく鮮明なお写真ですね。
私は六十路の主婦ですが
普段は殆どさわらないデジカメを引っ張りだし
ミニ三脚に乗せ月の撮影に初挑戦してみました。
よろしければご笑覧下さい。

この記事へのトラックバック