不思議な映画 ALPHA

アメリカ出張の ANA 機内で映画を観た。


なんといっても人気があるのは、『ジョニー・イングリッシュ』

おばかなスパイパロディだが、映像やキャストなど安っぽさはまったく無い。

エマ・トンプソン に オルガ・キュリレンコ と主役級が脇でまじめに演じている。

洋画エンターテイメントの底力を感じる。


一方で日本未公開の映画があり、その一つが ALPHA だ。

おそらくオオカミやサルの群れのボスを表す Alpha Male から来るタイトルと思われる。


私は字幕版で観たのだが、アメリカ映画なのに使われている原語が分からない(古代造語?)。

字幕も英語と日本語併記だ。


ただし、下記予告編は英語に吹き替えられている。




観れば分かるが、これほど台詞の少ないアメリカ映画は珍しい。

大部分のシーンに少年とオオカミしか登場しないのだから、それも当然か。


寒々とした最終氷河期の光景が続くが、CGながらそれなりに綺麗だ。

今や動物(この映画では、バイソンやサーベルタイガー)もCGで作られてしまい複雑な心境でもある。


そうはいっても、そこはアメリカ映画、お決まりの大団円。。と思いきや最後に少し驚きがある。

お前は××だったのか。。この部分をネタばらししている悪質サイトを観ないように。


口数は多くないものの、実は人類の文化史にも言及している映画である。

それなりに楽しめるだろう。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック