フランスで考えた

今朝パリからミュンヘン経由で関空に戻ってきたばかりで、時差ボケ頭で書いている。

それにしても、寒さを除けば旅は快適だった。

北半球中緯度モンスーン気候に属しながら、ミュンヘンは朝 0℃前後にまで下がり雪もちらついた。

日本のGWを基準に置いていると体調に変調を起こすことになるだろう。


わざわざ「快適」と書いたのは、フランス人にいろいろ親切にして頂いたからである。

イエローベストデモと危険情報をくれたタクシー運転手や店の移転先を教えてくれた通りがかりの人 etc.


中でもストラスブールからパリへのTGV車中で間違えた車両に乗った私への車掌の態度は特筆もの。

「ここから先は連結されていない。しかしパリまでノンストップだから同じ等級の好きな席に座ってくれ」

マニュアル対応の日本の数々のサービスなら「まずは上司に聞いてから。。」などと言い出しそうだ。


英独仏3カ国語を話しながらもまだ若い彼は「来年東京へオリンピックのサッカーを応援に行く」そうだ。

彼が日本で表面だけのおざなりサービスに遭わないことを望む。


ついでに書けば、過去に TGV, ドイツ・イタリア高速鉄道, ユーロスターに乗ったが、どれも快適だった。

中国で高速列車に乗った鉄道好きのA先生は「日本の新幹線より揺れなかったでー」と言っていた。

もちろんカーブの多い日本の地形も考慮に入れるべきだが、ヨーロッパ系車両の安定走行は強い。


「日本の新幹線が世界一」という根拠無き空論はどこから生まれたのか?

いいかげん、下品な自画自賛は止めて欲しいものだ。

他国で鉄道受注に失敗しても、それは実力で負けたのであろう。


私はフランスをはじめとするヨーロッパなどで嫌な思いをしたことがない。

入管の通り抜けもたいがいスムーズだ。


ところが、世の中には「フランスで人種差別された」と主張する勢力がいる。

GACKTの件 などその典型例だろう。

これを読む限り、差別ぽいが人種による差別かどうかは分からない。

というのも、単に勤務態度が悪い店員というのは洋の東西を問わず一定数いるからだ。

白人を良い席に案内するごときで差別というなら日本の表参道でも行われている。

しかもこうした店の経営者が日本人というのが情けない。


GACKTよ、そうまでして、そんな店のフランス版の窓際に座りたいのか?


けちな差別はどの国でも教育や収入の底辺層で行われている。

日本のヘイトスピーチなど典型で、あれを見て「これが日本の実態」などと言わないで欲しいものだ。


どこの国でも、その国の文化があり尊重が求められる。

靴を脱ぐことを知らず、土足で日本家屋に上がったら当然拒否される。

パリではカフェのテーブルごとにギャルソンが決まっているので、私はいきなり座ったことはない。

まともな店なら、挨拶したら「テラスが良いか?店の奥が良いか?」と聞いてくるはず。

通りに面していれば通行人に見られるし季節によっては寒いので必ずしも上席ではないのだ。

しかも名物カフェにはバルザックやコクトーが座っていた席というのがいまだに残されている。


GACKT や辻仁成を知っている日本人は多いかも知れないが、海外ではほぼ無名なはずだろう。

いきなり無言で窓際に座ったら何か言われて当然だ。

これを日本のマナーに置き換えて「人種差別」といえるか?

後から座った客は礼をわきまえた「店に相応しい客」ではなかったか?

気にくわなければ日本語で罵倒するという辻人成を日本の店舗でわめく中国人に置き換えて欲しい。


無駄なマニュアル笑顔を振りまく日本のサービスと違って、フランスのスタッフにはがプライドがある。

「お客様は神様です」は通用せず、まずは客の「ボンジュール!」から始まるのだ。

日本や中国からの観光客はこれができず、無表情でコミュニケーション(= 会話ではない)ができない。

今回も数々目撃した。

トイレの列で先を譲ってもらって礼も言わない日本女性、CAから食事を無言で引ったくるおじさんなど。


店員に偉そうな態度をとる人間に限って、職場で上司にペコペコしているのが目に浮かぶ。

儒教による身分の肯定がこうした態度を生むのだろう。

「おもてなし」の裏面であるこうした日本人の海外での無礼な振る舞いを正したい。


日頃日本(自民党政府)に毒づき「反日」呼ばわりされる私だが、海外で恥をかくのが最大の反日と考える。

観光地での中国人団体客のマナーは最悪だが、それを笑えるほど個々の日本人は立派でもない。


日本人が尊敬されたければ品格ある態度(ただのマナーとも違う)をまず学習しろと言いたい。

それは簡単なことで、相手の人種・民族・肩書き抜きで声をかけてみることだ。


繰り返すが、私は結構貧乏な旅をしながらフランスや海外でほとんど嫌な思いをしたことがない。

その際頻繁に使う「少々お尋ねしますが。。」というのは、まず覚えていくフレーズであると思う。



パリでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅
自由国民社
2017-04-06
トリコロル・パリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック