ロンドンの Thriller Live はマイケルを超えた!

Thriller Live とは今は亡きマイケル・ジャクソンの曲を使ったライブパフォーマンス。

マイケルが好きかと問われれば?な私だが、このステージをロンドンで観て度肝を抜かれた。

舞台上のアーティストがマイケルの数々のヒットを完コピする。

MTV 等でのマイケルのパフォーマンスは当然音楽に合わせて踊っている。

これに比べて舞台上のパフォーマーらは生で歌って踊るのだ。

しかもマイケルそっくりの唱法で。

ある意味本家を超えているといえるだろう。


ジャクソン5時代の曲も登場するので、若きマイケルそっくりの子役シンガーも出てくる。

これがまたプロの子役という感じで甘えたところがない。


キャッツやライオンキングと違って、劇団四季に移植するのは無理。

本物を観るしかないのだが、ウェスト・エンドのレベルはブロードウェイと並んで世界最高峰。

観客動員数では、すでにロンドンが NYを抜いたそうだ。


Thriller の出演者は、2時間半たっぷり生で歌い踊り、さらにアンコールまでする。

そのアクロバティックなパフォーマンスはときに過剰なほどだが、ただのサーカスではない。

あくまで音楽を聴かせるためのツールなので、雑伎団のような自己犠牲の悲壮さが無い。


ときには日に2回のステージをこなす彼らはまさにプロ中のプロ。

私が観たメンバーの公開映像がある。




劇場の観客には若い人もいるが、マイケル世代の中高年中心。

中には感極まって泣き出す婦人までいた。

芸の力おそるべしである。


翻って、素人芸に甘い日本の芸能界よ。

彼らをレコード大賞受賞(日本音楽会最高の栄誉?)の乃木坂などと比較してみよう。

背筋が寒くなる思いをするだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック