幼稚化する NHK

最近NHKのアナウンサーにも美男美女が増えた。

それと並行するようにニュース原稿を噛みまくるのはなんとかならないか?

連休明けの 5月7日 朝7時台のニュース(大阪)では、第一声「朝7:00で。。」いきなり噛んでやり直し。


NHKアナの噛み頻度は民間放送の女子アナ以上だ。

もっとも、民間のアナは教養度に問題があるのか、しばしば誤読する。

良い勝負ともいえるが、有料の NHK と民放が同レベルでは困る。

勝間和世 が言うように、民放は無料の娯楽を求める大衆のための情報源である。

こちらには観ない自由があるが、NHKはそうはいかない。

半強制的に受賞料を払わされ、災害時の特別放送には頼るしかない。

それが、言葉を失ったり、感情コントロールを失い絶叫調になったりでは呆れるしかない。


アナウンサーの下手さより深刻なのは報道分野でのだらしなさだ。


そもそも、NHK は公共放送だが、国営放送ではない。

中国や北朝鮮のプロパガンダ放送とは根本的に異なるはずだ。

ところが、昨今のNHKは政府安倍政権の身内で幹部を固め、ニュースは現政権の使い走りでしかない。

何かニュースがあれば、安倍首相のコメントで終了。

重要な防衛問題でも、他の勢力や客観的な学者の意見もない。


国会中継も同様だ。

実際の国会中継を見ていた人によると「あのヘロヘロ答弁がニュースではまともに聞こえる」とのこと。

野党に追及されても編集でまともになるなら、なんでもやりたい放題だ。

政権を巡る数々のスキャンダルが曖昧にされていくのには NHK の責任があるとしか思えない。


追求せず考えないのは実に楽だ。

しかし公共放送の役わりは政権の維持ではない。

真実の報道と不正の監視だ。

これができず、時代に流される NHK は長いものに巻かれる日本人の典型。

政治家の顔色をうかがう連中に報道者を名乗る資格はない。


たとえば英国 BBC は政権からの圧力を受けないシステムができている。

(政権が総選挙で頻繁に代わるので、一勢力にすり寄れない)


現政権の維持と民放並みのバラエティーに使われるなら、NHK受信料はほぼ無駄になっている。


いつまでも続くようなら、 NHK から国民を守る党 にくら替えを考えるところだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック