はじめて原作を越えた?『ねじれた家』

クリスティー原作の映画といえば、『ナイルに死す』や『オリエント急行』が代表作。

どちらも豪華キャストがウリだが、同時に弱点にもなっている。

「誰が犯人か?」がテーマだから、一人だけ有名俳優を出すわけにもいかない。

結果的に全体が賑やかになるが、各々は軽く扱われることになる顔見せ的な映画になる。


その点、新作 『ねじれた家』映画版 はひと味違う。




出演者ほぼ全員が英国の演技派で固められ、スターといえるのは、G.クローズ とG.アンダーソンくらい。

だからといって、即彼女らが犯人だったらおもしろいわけがない。


全員の怪しげな振る舞いが「殺人はあったのか?犯人は?」という純粋な興味をそそる。


基本的には原作イメージにかなり忠実な映画だ。

とはいえ、ラストのカーチェイスはサービス精神のつもりか? ご愛敬な気がする。

また依頼者の美女の設定が原作と異なるなど、これまでにない味わいも出している。


一方で、本原作が「クリスティの最高傑作」というのにはかなり異論がある。

「葬儀を終えて」の大トリック、「忘れえぬ死」の叙述、「杉の棺」の人物像の方が上のような気がする。


本作はポアロもマープルも出てこないため、評判のよかったTVシリーズにおいて映像化されていない。

『ゼロ時間へ』、『終わりなき夜に生まれつく』、別名義の『暗い抱擁』などにも同じことがいえる。

『殺人は容易だ』 も個人的に映像化して欲しい作品だ。

これらのさらなる傑作群は映像化可能だろうか?


いずれにしろ、本映画はクリスティの映像化においては新たなランドマークといえる。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック