逃亡者の行き着く先

6月16日(日)は吹田がクローズアップされた日だった。 千里中央や江坂が関西を代表する「住みたい街」に選ばれている吹田市。 一方で、最近はろくなニュースが無く、これでまた評判が下がったか? (参考) 警官を襲撃した犯人は、南千里のちょうど目の前のホテルに泊まり、関大前、千里山交番、北千里と移動。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ『なつぞら』が人気なのか?

NHK 朝ドラ 100作目 『なつぞら』が好調だという。 大河の 『いだてん』 とは真逆でうらやましい限りだ。 しかし、これがそんなにおもしろいドラマか? 「戦災孤児が田舎で育ち、やがて自分と家族を探しに東京へ」というのは良くあるパターン。 というより、朝ドラのステロタイプとすらいえるのでは? それで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は『いだてん』支持者である

大河ドラマ 『いだてん』 が低視聴率だそうだ。 "クドカン"こと宮藤官九郎の脚本で、来たる東京オリンピックと絡めているのに気の毒な有様だ。 私は怖いもの見たさに観ているが、つまらないどころか冒険心ある作品で充分鑑賞に堪える。 ここ2回は、女子スポーツの振興とフェミニズムなど現代にも通じる物語。 例え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリアスすぎる天皇家の将来

新元号「令和」で人々は浮かれている。 以前のバッシングは嘘のように雅子皇后の活躍ぶりが伝えられる。 それにしても、新聞各紙の「英語で大統領夫妻を案内」という見出しは恥ずかしかった。 しかし、天皇制の未来、というより近い将来に危機が迫っている。 いうまでもなく男子系統の「候補」があまりもいないのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の牙

『虎の牙』とは、アルセーヌ・ルパンの登場するミステリー小説。 八重歯(犬歯)を持った異常殺人犯(?)が跳梁する作品だったような。。 日本人に八重歯は珍しくもないが、西欧では怖れの対象なのか?と思って読んだ。 ([る]1-12)虎の牙 怪盗ルパン全集シリーズ(12) (ポプラ文庫クラシック)ポプラ社 2010-07-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more