格安チケットで、かえって高額になった件

これは私が最近経験したことである。


JR吹田駅から滋賀県の石山に行った。

石山駅は、大津の次に新快速が止まる駅である。

吹田からの切符が 840円だが、格安チケットで 750円だった。

「格安チケット」とは回数券をばら売りするもので、大阪では多くの販売店が扱っている。

特に新幹線と阪急ではお世話になった。


吹田から石山までと吹田から大津までの正規料金は 840円で同額。

大津まで買ってそのまま行けるかと思ったのが間違い。

大津‐石山間の乗り越し料金を払う羽目になったが、これが 190円!

割引チケットと合わせると 940円となり正規料金より 100円高いのだ。


なぜこんな間違いを犯したのか?


普段使う阪急の回数券には、値段しか書かれていない。

値段さえ同じならどこの駅間でも使え、乗り越したら差額を払う。


これに対して、JRの回数券は駅名が書かれており、この区間でしか通用しない。

吹田から同価格の駅(大津と石山)でも、大津駅までの切符なのだ。

そこを始点に新たな切符を買ったら、新快速の隣駅でも 190円だった次第。


こんなことは、JRに乗っている人には常識なのかもしれない。

しかし、私は生まれてから私鉄と地下鉄ばかり乗ってきた気がする。

おかげで東京や大阪の複雑な路線もだいたい頭に入っている。

ところが JRといえば、北海道を除くとほとんど新幹線だった。

割引切符の存在もわりと最近まで知らなかったほどだ。


私鉄「鉄オタ選手権」など楽しみにしている。



そんな私でも鉄道好きとかうかつに言えそうにない。


この記事へのコメント