糖尿病の恐怖

本日は年に一回の人間ドックだった。

一か月近く禁酒したおかげで血圧正常、ウェストはここ 10年で最少、体重も 60㎏を切り上々。

矯正視力は、眼鏡レンズを替えたおかげで(0.6, 0.5)→(1.5, 1.2)に急上昇。

気分良く(?)千里ライフサイエンスセンターを後にした。


それから 2時間後、少し焦った感じの男性の声で電話があった。

ライフサイエンスセンターの内科医師の方だそうで「血糖値がかなり高い。危険領域です」という。


私は高尿酸脂血症(痛風予備軍)で予防薬を飲んでいる。

これは遺伝性で仕方ないと思うが、糖尿病は盲点だった。

血糖値が年々上昇傾向にあったことは気づいていた。

しかし夜間でんぷんを摂らない、血糖値を急に上げない(早食いしない)などの対処で済ましてきた。

なぜそれが急に悪化したのか?


糖尿病は不摂生な生活習慣病のイメージだったが、もはや他人ごとではない。

最悪だと「眼底出血で失明」 「血行障害で膝から下を切断」と聞いて怖くなってきた。

その場で専門医を紹介するというのでお任せした。


もっと太って血圧が高い年には何もなかったのだ。

最近はよく「痩せましたねー」と言われるし事実そうだった。

しかし、本日の結果で見た目と身体の中はまったく別ものと理解した。

最新版 今すぐできる! 血糖値を下げる40のルール (健康図解) - 隆造, 河盛
最新版 今すぐできる! 血糖値を下げる40のルール (健康図解) - 隆造, 河盛


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント