シアトルで不眠症

出張でワシントン州のシアトルに行った。

昨年の DC(東海岸)出張と違って、アメリカ西海岸の最北部。

カナダのバンクーバーは対岸だ。

少し前ならイチロー目当ての日本人観光客が多かったろう。


都市としてアメリカ最大級ではないが、シアトルはマイクロソフト、ボーイング、スタバ等の発祥地として知られる。

一方で富裕層と貧困層の格差が激しいとも聞き、ダウンタウンにはホームレスや警戒の警官が多い。


シアトル出身で今も在住のビル・ゲイツ氏の講演があったが、意外とプレゼン巧くない。

パワポを使っているんだろうが、アップルのジョブズとだいぶ印象が違う。

ときどき手元の原稿に目をやり訥々と...アドリブはあまり効かない人のようだ。

内容は富裕層の社会的義務ということで立派なものであったが、資産数十兆円(国家?)という凄さがピンと来ず。。


さて、仕事の合間を縫って観光と行きたいがそこまでヒマでもない。

何より時差に苦しめられた。

典型的な時差ボケだ。しかも私はかなり弱い。


午前2-3時に胃がむかむかして目が覚め、昼ごろ睡魔が襲ってくる。

空腹時に消化液が分泌されるせいだと思うが、日本と 17時間という最大級の時差は簡単に克服できない。

内臓(消化器官)の時間と脳の時間が合っていない気がする。

おかげで便秘になりがちだが、近所のヴェトナム料理店のフォーには助けられたかもしれない。

野菜(ブロッコリーと青梗菜)が大量に入っていたからだ。


さて 'Sleepless in Seattle' といえば、全盛期のメグ・ライアン主演映画。




予告編終盤でトム・ハンクスが歩いていく魚市場に行った。

どこか観光客目当てのようで、札幌のカニ市場を思い出した。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント