不気味な体重減少

私は体重の増減が小さい人間だ。

20歳のときから 30数年間ほぼ 60kgをキープしている。

体調次第で±数キロはあっても、結局は 60kgに戻っている。


ところが、最近体重に変調が生じている。


2月半ばにアメリカ出張して帰ってきたら 56kgだった。

かなり軽いが、出張中仕事場とホテルの往復であまり食べなかった。

日本に帰国すればすぐに戻るだろうと思った。


これが、おかしいことに 56-57kgのままで変わらない。

高血糖 でメタボの予備軍が痩せていくなどおかしいだろう。


糖尿病の専門医に相談すると「その痩せ方は膵臓ガンに似ている」などと脅かしてきた。

一方で「だったらとっくに死んでいるか」かとも言う(口悪いな)。


食欲はあり勝手に体重が落たのだから不満を言う理由はない。

と思ったが、医師は実は高血糖のせいではないか?と言い出した。

血中の糖分をエネルギーにできないから体脂肪を燃やしてエネルギーにしている可能性がある。

その結果、腹の脂肪が落ちたのかもしれない。


その後、2か月ほど経ったが、いまだに 56-57Kgを行き来している。

ズボンのウェストが拳2個分余り、ベルトが役に立たないほどだ。


6月に血糖値の再検査があるが、痩せたメタボと診断されるかの瀬戸際だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント