NHKよ、なぜ追求しない?

本日の クローズアップ現代+ に GOTO 制作を推し進めコロナを拡大させた張本人とされる二階氏が出ていた。

この人相悪いおやじに武田アナがインタビューするのだが 、これが散々なのだ。

「GOTO トラベルを中止しましたが、その時期は適切でした?」

「あとから何でも言えるよー」

といった調子でまともに答えない。


これに対してそれ以上追求しない NHK も情けない。


GOTOトラベル政策は「コロナ感染が収束してから行う景気対策」であったはず。

「そもそも GOTO を始めたのがおかしかったのでは?」

「京都では GOTO 後に感染者が急増したではないか」

など、いくらでも言えることはあるはず。

これらは後からではなく、GOTO 当初から危惧されていたのだ。


二階という人物は目に肝が据わっておらず、そこまで大物には思えない。

追求されたら逆ギレして本性を露わにすると思われる。

しかし、そんなことすらできない日本のメディアは情けない。

どこが「与野党幹部に直撃」だか。。陰険な眼つきにびびったか?


それどころか、「愚かな党幹部のおかげで苦労する自民党議員」の日常が挟まれて同情を買いそうな展開。

おかげで次の選挙で彼らは票を稼げるかもしれない。


結局、日本のマスコミは「インタビューさせていただいた政治家様」に頭が上がらず、世の中を変える力を行使しようとしない。

「権力の番犬」ではなく「権力者の手を舐めるポチ」なのだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント