どさくさで憲法変えるな

コロナ騒ぎで忘れていたが、5月3日は 憲法記念日 だった。 改めて言うまでもなく、日本国憲法の施行を記念する日である。 毎年護憲改憲入り乱れて集会する日だが、今年はそうした余裕はないだろう。 さてコロナ禍の後に出てくると思っていたのが「憲法悪いから緊急事態に対応できなかった」と言い出す輩。 早くもそうした連中…
コメント:0

続きを読むread more

ドレミの歌(COVID-19 版)

世の中には珍妙なものがあるものだ。 その名も Do Re Mi - Covid 19 Version) - たわいのない替え歌だと思ったが、歌声は J. アンドリュースそっくり。 合成音かもしれないが良くできている。 世間知らずのトラップ家の子供に教育するというドラマの内容ともリンクする。 …
コメント:0

続きを読むread more

いつの間にか廃線になった札沼線

NHK 北海道 によると JR学園都市線が一部を残して廃線だそうだ。 (廃線区間) この路線はかつて 札沼線 と呼ばれ、新十津川の先、沼田まで走っていた。 私は札幌に長く住んだが、あまり縁のない路線であった。 にも関わらず、この路線には強い印象を持っている。 というのも島田宗司の『奇想、天を動かす』の舞…
コメント:1

続きを読むread more

引きこもりのお供

3日間在宅勤務してみたが、結構きつい。 自宅で集中できるかと思えば、静かすぎてかえって続かない。 窓を開けると隣が大規模工事中で騒音がすごい。 食べものにも困っている。 備蓄品が早く減っていくのだ。 三食のメニュー考えるのもめんどくさい。 そこで考えていたことを実行してみる。 こ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言の結果がこれか?

大阪は国による「特別措置法による緊急事態宣言」の対象になった。 私の職場でも在宅勤務の基準が出たのだが、本人に在宅を申請させ「許可」するのが前提。 その申請できる条件も疑問だ。 条件は 9項目あって、3つ目以下は「メールで随時連絡取れるように」など普通の内容。 問題は、最初の 2項目だ(以下コピペ)。 …
コメント:0

続きを読むread more

くだらん「エビデンス」はたくさんだ

新年度始まって早々、おバカなニュースが飛び込んできた。 日本政府は各家庭に布マスクを 2枚配給するそうだ。 1枚 200円で 5000万軒とすると 200億円である。 何を考えているんだか。。 この「2枚」の根拠だが、家庭の平均構成人数が約ふたりだからだそうだ。 (一人1枚では予備がない。。) …
コメント:0

続きを読むread more

尻を出してなにが悪い!

有名人が亡くなるなどコロナ騒ぎが笑いごとでなくなっている。 こんなときは、単純な笑いが欲しい。 と思っていたら、こんな ニュース が出た。 ニュース自体、ばかばかしく笑える。 もっと笑えるのは、「尻を出すのが犯罪なら相撲取りを逮捕せよ!」というくだりだ。 確かに神事という名目で意味不明のルールや祭りの風…
コメント:0

続きを読むread more

花粉症にマスクをまわせ!

どこへ行ってもマスクをした人間ばかりだ。 しかしながら、もちろんマスクでウイルスの体内侵入は防げない ではマスクは無意味と言い切れるか?といえば微妙だ。 潜在的な感染者で自覚や症状が無ければ、くしゃみや咳とともにウイルスをばらまく可能性もある。 マスクは体液飛散を止めるには役立つはずだ。 だからとっ…
コメント:0

続きを読むread more

トイレットペーパーを買い占める者たちよ

スーパーや薬局の棚からトイレットペーパーが消えている。 幼少期のオイルショックを思わせる光景だが、今回は意味が分からない。 石油は工業の動力源だから、生産がストップし紙が不足するという事態が起こりうるかもしれない。 しかし今回はコロナウイルスの感染で世間は騒いでいるのだ。 紙となんの関係がある? 案の定、デ…
コメント:1

続きを読むread more

無人の駅に佇んで

週末土日に神戸三宮と大阪梅田に行く機会があった。 これがまた驚くほど人がいないのである。 写真は当日それぞれの駅で撮ったものだが、普段は人の波である場所がガラーンとしている。 おそらく中国人観光客の密度が一気に下がったことが原因だが、それだけとも思えない。 多くの日本人が「見えない敵」新型コロナウイルスに…
コメント:0

続きを読むread more

イヤなやつほど高級車に乗る?

最近読んで笑ってしまった記事である。 高級車に乗る人間がしばしば横暴な運転をすることが各国で指摘されている。 嫌なやつが高級車に乗るのか? それとも高級車に乗ると嫌なやつになるのか? フィンランドの 研究 によると前者だそうだ。 「ステイタス」を誇示する素養のある人間が高級車に乗るという理屈らしい。 …
コメント:0

続きを読むread more

笑ってしまうほど似ている曲

マクダウェル (Edward MacDowell) というアメリカの作曲家は知らなかったが最近驚かされた。 彼のピアノ協奏曲第1番が、名曲グリークのピアノ協奏曲にそっくりなのだ。 同じイ短調だから主和音が同じなのは仕方ない。 しかし雰囲気(メロディーすらも)がグリーグに似ているのにはびっくり。 時代を…
コメント:0

続きを読むread more

シアトルで不眠症

出張でワシントン州のシアトルに行った。 昨年の DC(東海岸)出張と違って、アメリカ西海岸の最北部。 カナダのバンクーバーは対岸だ。 少し前ならイチロー目当ての日本人観光客が多かったろう。 都市としてアメリカ最大級ではないが、シアトルはマイクロソフト、ボーイング、スタバ等の発祥地として知られる。 一方で…
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病の恐怖

本日は年に一回の人間ドックだった。 一か月近く禁酒したおかげで血圧正常、ウェストはここ 10年で最少、体重も 60㎏を切り上々。 矯正視力は、眼鏡レンズを替えたおかげで(0.6, 0.5)→(1.5, 1.2)に急上昇。 気分良く(?)千里ライフサイエンスセンターを後にした。 それから 2時間後、少し焦った感…
コメント:0

続きを読むread more

万人向けな映画 ダウントン・アビー

ダウントン・アビー といえば、英国BBCの人気ドラマ。 10年前から 6シーズン放送された。 出演俳優の中には、その後に他のメジャードラマや映画で良い役をもらった人もいる。 反面、今さら 2時間の映画?という声もありそうだ。 1800円払う価値があるのか? しかしこれがよくできている。 予…
コメント:0

続きを読むread more

ラインスドルフ礼賛

新年最初にどんな音楽を聴くか? 大して意味はないが、今年の士気に影響する気がする。 そこで、YouTUBE で ”Erich Leinsdorf” を検索してみた。 ラインスドルフは、G.セル、F.ライナーなどと並んで私が好きな指揮者だ。 しかし、クリーブランド管やシカゴ響を全盛期に導いた両巨匠に比べて、日本…
コメント:0

続きを読むread more

年末年始に温泉でふやける

年末に帰省したが、地方での楽しみは少ない。 実家近所に コロナの湯 というのがあり、結構重宝する。 住宅街のど真ん中に温泉が湧くのか?という疑問もあろう。 しかし、1000mも掘ればマグマに熱せられた地下水が噴き出すのはむしろ当然。 プレート境界に位置する日本はこうした恩恵にあずかっている。 ちなみに浅…
コメント:0

続きを読むread more

読売新聞の恐るべき価値観

私は職場で新聞報道をチェックする係をやっている。 ここ数日、 COP25(第25回国連気候変動枠組条約締約国会議) を巡る報道を見かける。 世界中が注目する中で、例によって 日本への評価 はひどいものだ。 若いだけで環境学の専門家でもない大臣を送り込んだところで評価が変わるはずもない。 中身のない爽やかさでごまか…
コメント:0

続きを読むread more

阪大の行く末は...

Clarivate社の選ぶ世界に影響ある研究者 (HCR) で 日本の存在感が激減したこと は書いた。 今回の報告書 における HCR 6000人の国別分布では、上位10か国で 85%を占めている。 ちなみに上位 5か国で 72%、上位 2か国(米中)で 55%という集中ぶり。 悲しいかな日本は 11位だから、その…
コメント:0

続きを読むread more

ターミネーターはこうじゃなくっちゃ

新作 『ターミネーター ニューフェイト』(原題は Dark Fate)を観た。 映画の日だけあってほぼ満席、意外と高齢者さらに女性客も多い。 これは、本作が 1991年公開の 『ターミネーター 2 (T2)』 の後継作品ということが影響している。 T2 は、ヒット作の続編として『ゴッドファーザー part 2』…
コメント:0

続きを読むread more

恐るべし! 日本の凋落

Clarivate Analytics 社が 高被引用論文著者リスト 2019年版 を発表した。 このリストは、世界的に影響のあるトップ科学者(HCR とクロス領域合計)を論文引用から発表するもの。 もちろん高被引用論文だけが科学者の誉れではないが、同一の評価法を続けているので動向は分かる。 これが実にすごい。 …
コメント:0

続きを読むread more

天皇誕生日がない!

今年は天皇即位関係で休日が増えて得した気分になっていた。 ところが、気づくとカレンダーから天皇誕生日が消えている。 平成から令和への切り替えが本年5月。 平成天皇の誕生日は 12月で令和になった後。 令和天皇の誕生日は 2月で令和になる前。 ということで、2019年に天皇誕生日がないという珍事である。 …
コメント:0

続きを読むread more

マリリンのすごさ

最近 Amazon Prime で古い映画を観ている。 生涯で初めてマリリン・モンローの映画を観ることになったが、想像とだいぶ違っていた。 マリリンといえば、金髪と色気で男を誘う頭の弱い美女という偏見的イメージしかなかった。 およそ演技派といった印象は皆無だ。 映画では確かに「金髪の派手な美女」という役ば…
コメント:0

続きを読むread more

西暦使ってくれ

効率化ばかりが良いこととは思わないが、世には嫌というほど非効率なことがある。 最近変わったばかりの元号がそうだ。 生きている間に昭和-平成ときたが、3つ目の令和が加わり、もはや元号で言われても何年前なのか計算できない。 まして大正、明治まで合わせたらもはやいつのことだかさっぱり。。 そんなことあるか?と言われ…
コメント:0

続きを読むread more

人体の左右対称性

人体の左右対称性 ロンドンで 事故 に遭い「右足腓骨(くるぶし)剥離骨折全治三か月」と診断された。 医療用サポーターを付けてよたよた歩く日々だが、不思議なことに気づいた。 ここ2-3年左足の裏がむず痒く何かの炎症を起こしていると感じてきた。 (以前起こした筋膜炎に沿っており水虫ではない!) しかし右足の骨折…
コメント:0

続きを読むread more

骨折を癒す猫?

ロンドンでこけて足首をねん挫したと書いたが、整形外科でレントゲン撮影したら、なんと剥離骨折という。 くるぶし外側の靭帯が引っ張られ、普通なら切れるところが切れなかったためくるぶしの骨が縦に裂け剥がれたという。 レントゲン写真を見たら、気持ち悪くなり急に痛くなってきた。 患部のくるぶしが浮き上がった感じで、ますます気味が…
コメント:0

続きを読むread more

湿布より効く氷水

不覚にもロンドン市内でけがをした。 情けないことに段差でこけて右足首をねん挫したのだ。 たかがねん挫と侮るなかれ。 以前強制スキー合宿で膝をねん挫したときは治療に三か月かかった。 20代半ばですらそうだったのだから、今の私はどうなるのか? とにかく薬局で湿布を買い患部に貼って数時間じっとしてみる。 …
コメント:0

続きを読むread more

節目をなぜかロンドンで

今年大きな節目が2回あった。 元号と消費税だ。 元号を頭から否定する気もないが、中国起源のこの慣習を「万葉から取った和風の。。」というのは滑稽だ。 しかもニュース番組で過去を元号で言われると平成でも即計算ができない。 昭和以前では、もはやお手上げだ。 頼むから西暦で表示してほしい。 これではイスラム暦…
コメント:0

続きを読むread more

それってただの値上げ

ついに消費税が、10%に上がる。 貧乏日本の象徴としての上がらぬ税収を補うためだが、本当に効果あるのか? しかも自民党の票集めのために「軽減税率」なるものを導入。 同じ商品への課税でも、持ち帰りは 8%、店内食は 10% となる。 日本マクドナルドの 消費税対応 はその典型か。 どちらの商品も 54…
コメント:0

続きを読むread more

まだ電柱立てる?

台風15号のおかげで、千葉県では大量の停電が生じた。 その多くが、強風による送電線・電柱の倒壊によるものだ。 東電職員による作業も困難を極めているが、やっているのは「電柱の復旧」。 毎年台風が上陸する日本においては、強風で電柱が被害を受けるのは必定。 そろそろ地中に埋めることを考えてはどうか? …
コメント:0

続きを読むread more