ある意味、すがすがしい?

日本人の喫煙率は成人で 20%弱。 にも関わらず、態度がでかい喫煙者。 少数者に厳しい日本社会が喫煙者にだけは甘いのは、高齢男子が牛耳る国だからか? 「愛煙者議員連盟」なんてものがあるのだから、当分タバコは安泰だろう。 梅田の地下街で見つけた喫茶店の看板は開き直りともいえる内容。 ある意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい? ブラック企業マップ

出るべくして出るというべきか? ブラック企業マップ なるものが登場した。 使い勝手も Google map で問題ない。 この中に、かつて住んでいた町で知っている会社を発見した。 十数年前、一緒に仕事をしたこともあるし、悪いところではないと思っていた。 外面が良かっただけなのか? それとも、あれから変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横審が激励なんかするから

稀勢の里がまたも力なく敗れて連敗記録を更新し、引退した。 あれだけ注目されながら、土俵に転がされるのはどういう心境だったろうか。 今や幕の内下位の力しかないのに、横綱 (grand champion) を名乗る辛さよ。 稀勢の里は10代から有望であった。 19歳のときすでに身体は完成していたし、大関にはなるだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然ゲップが止まった

ここ二ヶ月ほど悩んでいたことがある。 やたらとゲップが出るのである。 空腹でゲップ、食後にもゲップが連続して出る。 あまり人に相談しやすい話題でもなく、ネットでは不安を煽る 情報 もある。 ストレスや早食いが原因に挙げられており、思い当たらぬこともないが、具体的にはよく分からない。 ところが、1月8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微妙な堺の「世界遺産」

年末年始をあまりよく知らない土地で過ごすことが多い私だが、今年は堺を選んだ。 普通に生活してれば、ほぼ行く機会がない土地だ。 しかし、(伝)仁徳天皇陵など古墳が大量にあり、世界遺産候補になっているのだ。 確かに日本の古墳時代は興味深いもので、文化交流や遺跡という世界遺産の本道ともいえる。 しかし、現実に仁徳陵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから 60年

本日1月8日は、平成が始まってからちょうど30年目だそうだ。 そういえば、昭和64年が一週間足らずで終わったことを思い出す。 バブルの絶頂で迎えた平成元年だが、3年後にさっそくはじけている。 それゆえ「平成」に景気よいイメージはない。 この時代が後世どのように語られるかは興味深い。 「出生率減少で日本全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆くな、羽生ファン

羽生善治が最後のタイトル竜王を失った。 これでただの「羽生九段」になったことになる。 平成における将棋界最後の事件といっていいだろう。 第7局のネット中継を 16:00ごろから観ていたが、すでに大差でいつ投げてもおかしくはない形勢だった。 羽生はそれから3時間ほど粘って詰みまで指し投了。 羽生は30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は風疹に強い

いまさら麻疹(はしか)・風疹が流行とは、わが国も奇妙だ。 幼児への予防接種を軽視して、接種を個人任せにしてきたつけだろう。 この二つ、アメリカではほぼ根絶された「古の病」なのだ。 最近でも未接種の日本の修学旅行生が持ちこんで社会問題になったという。 (阪大保健センターの瀧原先生より) 私も海外に行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の紅葉

最近、何をやっても「平成最後」になってしまうが、紅葉も例外ではないだろう。 以前 も紹介したが、南千里には一本だけ孤立した楓の樹がある。 これが今年も最後まで葉を落とさずにいる。 さすがに昨日あたりから冷え込み今年は見納めになりそうだ。 元号は平均一世代間隔で換わっていく。 これに対して、モミジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪しい? イルミナートフィル

本日、 イルミナートフィルハーモニー というオーケストラを聴いてきた。 聴き慣れない名前だが、本拠地(町あるいはホール)を持たないオーケストラだそうだ。 指揮者である 西本智実へのインタビュー によると、「世界が本拠地」という前例がない試みという。 A3見開きのやけに薄い演奏会パンフによると、「ウイーンフィルととも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタカナにはうんざりだ

山手線の新駅が「高輪ゲートウェイ」になるそうだ。 このネーミングをひどいと感じるのは、私だけではないだろう。 まず、選考時の不透明さ。 公募しておきながら上位を採用せず、このネーミングだ。 そして、名前が長い。 今後地図に書き込むときなどに邪魔になる。 さらに、日本人のコンプレックスを象徴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所にマヌルネコ?

うちの近所は野良ネコ天国で常時4-5匹はいる感じだ。 皆結構栄養状態が良く、夜中にすごい声で喧嘩しているのを見ると野生動物としか思えない。 そんな中でもうちの集合住宅の建物下でよく見かけるのがいる。 数メートルまでは近づけるものの、その眼は油断をしていない。 暖かい場所で日光を浴びているその姿は、まるでたてが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まじめなのに笑える批評

名曲の決定盤が見つからない曲というのがある。 例えば、私にとってはブルックナーの交響曲第4番通称「ロマンティック」だ。 べつになくても構わない音楽ともいえるが、ときどき聴きたくなる曲だ。 一方でこの曲の決定盤といえるCDがよく分からない。 名盤の誉れ高いベーム/VPO を先日聴き直したら、模範的演奏ながら意外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ほぼ100分映画」 がいい

『セッション』 106分 『手紙は憶えている』 94分 『ドントブリーズ』 88分 『モンパルナスの灯』 108分 『エックスマキナ』 108分 これらは私が過去のブログで感想を書いた映画だ。 どれも100分前後の比較的短い作品である。 こうした映画を「ほぼ100分映画」と呼んでいる人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高島屋で Ponta と遭遇

高島屋大阪店のデパ地下から出たところ、巨大な茶色い物体に衝突しそうになった。 じゃらんなどのリクルート系ポイントが統合された Ponta カードの Ponta(の着ぐるみ)だった。 高島屋 が同カードの提携店になったためキャンペーンに来ていたのだ。 Ponta (ぽんたでもポンタでもない)のシンプルな造型は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税 9% にしたら?

消費税を 10% に上げるのは仕方ないのかもしれない。 なにせ、税金を払うべき日本人が減っている。 長年の日本政府の無策で人口が順調に落ちた結果だ。 日本は「子供を産んで育てるのは損」という社会になったのだ。 しかし政府が「軽減税率」とやらで増税しない分野がある。 低所得層への影響を考えて「必需品」が対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プチトマト は、日本語だった

NHK 教育TVの語学講座は相変わらず充実している。 フランス語講座 は女優の黒木華が、パリの街を巡る。 料理や食材の名前が良く出てくるが、旅してギャラがもらえるとは実においしい仕事だ。 しかも彼女の発音はフランスぽく様になっている。 とはいえ、黒木は大変忙しいはずだ。 よく語学を学習する時間があるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演技派だって見かけが大事である

朝ドラ 『まんぷく』 開始早々、内田有紀演じる主人公の姉が死んだ。 日頃からダメドラマの特徴は、安易に人を死なすのとナレーションでごまかすことと思っている。 この日はそのどちらも両立させた神回か? 家族の苦悩にかぶせるナレーション「皆が悲しみに打ちのめされています」 見れば分かるっつーの! こういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつの間にか(?)負けていた書評対決

大阪大学生協の主催する「書評対決」というのがあって、大学教員と学生がバトルする。 毎月 5冊ずつ推薦し、勝敗は売上冊数で決まるそうだ。 生協利用者の多くが学生であるせいか、これまで学生側が有利なようだ。 人選によほど困ったか私にも誘いが来たのでほいほい引き受けたが、意外と難題だった。 (2018年 8-9月)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう "キュリー夫人" はいない

本年の ノーベル物理学賞 は、光学技術の開発者3名に贈られた。 3名のうち1名が女性だが、なんと物理学賞の女性受賞者は史上やっと 3人目という。 19世紀から続く賞なのに、随分と少ないものだ。 最初の一人は、言わずと知れた マリ・キュリー。 子供のころから、エジソン、リンカーンなどと並ぶ偉人の代表的人物「キュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オプジーボ」を連呼するマスコミよ

本庶佑先生がついにノーベル賞を受賞された。 ガン免疫より以前に「抗体のクラススイッチの解明」というやはりノーベル賞級の発見があった本庶先生。 今となっては、そちらが忘れられた感があり、ガン研究者のような扱いだ。 つくづく有名な賞は人への評価を変えるものと感心する。 それにしても、「オプジーボは夢のクスリ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餃子でつながる高鍋町

よくもまあと言いたくなるほど台風がよく来る年だ。 現在通過中の24号は九州を中心に大雨をもたらした。 時間雨量で全国一位を記録したのが 宮崎県高鍋町 だ。 同町は宮崎県で最も小さい町だそうだが、「ふるさと納税」でしっかり儲けていることは知る人ぞ知る。 私も毎年のように高鍋町から送られた米を食べている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太っ腹! ヒガシマル醤油

ロシア国立交響楽団の演奏 を聴きに ザ・シンフォニーホール に行った。 指揮者とピアニストがよく見える舞台後方の席だったが、良く響いた。 サントリーホールのほぼ同じ位置で聴くよりも音が良いのである。 サントリー設計にも関わったカラヤンが、実はシンフォニーホールを気に入っていたというのにも頷ける。 肝心の演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英国総督 最後の家 (Viceroy's house)』 の絶妙さ

この映画は英国BBCの制作だが、安易に自画自賛しない英国らしさに溢れた良作だ。 (公式サイト) *映画を 100% 楽しみたければ、予告編を観ない方が良い 基本的には、第二次大戦後のインド独立の史実をもとにしている。 英国紳士である主人公 マウントバッテン卿 の行動も同様で、あまり捻りようがない気もする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えっ、大坂なおみが札幌市民?

全米オープンで決勝進出の大坂なおみ、どう見ても典型的日本人ではない。 滅多に移民を受け入れないのに、こういうときだけ「日本人選手」を連呼するマスコミもどうかと思う。 本人はインタビューで一生懸命日本語を使うけなげで憎めないキャラだ。 名字も示すように、関西人女性とアメリカ人の混血だと思っていた。 (スティーブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇気ある撤退を望む

本日は台風21号の接近により「特別休暇」を取った。 朝出勤は不可能でなかったが、帰りの電車が無くなるだろうという読みの上だ。 ところが、阪急電車と大阪メトロ(最近市営地下鉄から変わった)がなかなか運休を決めない。 JR が昨夜から新幹線や在来線の運休時間を決めていたのと大違いだ。 おかげで、ずる休みをしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決勝進出で号外なんか出すから。。

この一文は昨夜、すなわち夏の全国高校野球選手権第100回大会の決勝戦前夜に書かれた。 ------------------------------ 決勝は優勝候補筆頭の大阪桐蔭高校と東北秋田の県立金足農業高校の対決になった。 何とも対照的な2チームだ。 桐蔭学園は言わずと知れた最強チームで野球エリートの精鋭ぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スヌーピーは、二次元のアイドル

梅田の阪急百貨店 では、スヌーピーフェスティバルを開催中だ。 スヌーピーはじめ Peanuts の登場人物はシンプルな線ながら表情が豊かで魅力的。 一方で、意外にもスヌーピーのぬいぐるみには可愛さを感じない。 ぬいぐるみは立体的な構造物で一種のゆるキャラといえる。 たとえば、ひこにゃん ももと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなマーラー聴きたいか?

オーケストラの定番レパートリーとなって久しいマーラー。 特に第5番は、グロテスクさ、抒情性、終盤の盛り上がりといろいろ詰め込んだ人気曲。 その第4楽章はカラヤンの「アダージョ」というBGM作品集でも取り上げられヒットした。 アダージョ・カラヤン DXユニバーサル ミュージック クラシック 2013-03-20 カラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「猛暑日」では不充分

昨日、名古屋で40℃を超えた。 1890年の記録開始から初めてのことだ。 「地球温暖化はでっち上げ」と言うどこかの大統領とその仲良しを強調するわが首相をどうにかしてほしい。 さて、あまりに高温が続くせいか最高35℃程度では大して身体に効かなくなってきた。 夜間25℃以下に下がらないのはむしろ当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more