テーマ:日記

長生きはするもの

眞鍋淑郎 先生がノーベル物理学賞を受賞した。 1960年代に地球循環モデルを提唱した時代に、日本ではコンピュータどころか電卓も無かったのではないか? そんなこともあって、真鍋さんは 20代から今までアメリカの研究機関に籍を置く研究者だ。 真鍋さんの素晴らしいのは、ただの引退したおじいさんではないことだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角関数を意識する日

最近急に日が暮れるのが早くなったと感じないか? 秋分の日を前にして私もそう感じている。 それもそのはずで、この感覚は地球の公転軌道と関係している。 地軸(自転軸)から 23°傾いて公転している地球では、太陽に向けている角度によって昼と夜の時間が季節に応じて変化する。 というか、話しは逆で、昼時間が長くなること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチンで人が死ぬか?

コロナワクチンに関する噂の大半は取るに足らないものだ。 しかし中には気になるものもある。 例えば「ワクチン接種後に急に亡くなった」という人の存在だ。 特に死因が心疾患や脳神経系の障害と言われるとワクチンのせいにもしたくなる気持ちもわかる。 厚労省が出しているデータに 日本の一日 というのがある。 これに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺跡&古墳ウォーキング

私はかなり歩く方だが、郊外をハイキングというより街中歩きが中心だ。 歴史ある都市には歩いて興味深い場所が多く、何かあればコンビニで物資が調達できる。 ところがコロナ下で人込みに出る気が失せて、田舎歩きに切り替えつつある。 といってもクマやイノシシが出るようなド田舎は勘弁してもらいたい。 幸い関西には都市近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと 3歩足りない

私はよく歩く方でなんとなく健脚ではないかと思ってきた。 スマホ導入以降は万歩計を使っているので、けっこう励みになる。 歩幅を入れておけば、歩数とかけあわせて移動距離も分かる。 歩幅を狭くとって歩数を稼げば?というせこい考えも出てくるだろう。 しかしプログラムが良くできていて、移動距離が小さいと一歩として勘定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岳よ、それでいいのか?

以前書いた が、スパコン富岳はコロナウイルスの飛沫感染のシミュレーションに使われていた。 その能力に対して、あまりにスケールが小さい迎合的な研究だと思った。 今日のニュース によると、スケールがアップした研究対象は国立競技場。 競技中、観客に感染者が紛れこんでいたら?というシミュレーションだ。 試算では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫で儲ける方法

猫を使って金儲けができるか? 普通に考えたらブリーダーとかペットショップかもしれないが、これらは多大な手間がかかり 、施設や維持費も相当なものだろう。 なにより人道的見地から常に厳しい目にさらされる。 ところが近年 YouTube 動画によって猫商売が意外と手軽になりつつある。 飼っている猫の動画を毎日アップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御用学者にはなりたくないねえ

御用学者とは、江戸時代に幕府や藩に雇われていた学者のことをいうそうだ。 もともと悪い意味はなかったが、現在では「政府にとって都合のいいコメントをする迎合者」となる。 コロナ分科会のメンバーが皆そうとは言わないが、これまでどうも煮え切らなかった。 典型的なのが尾身茂さんで、くどくど言うわりには政府に重視されている印象がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナでばれた科学行政の無策

自国のワクチン開発が無理と分かったか、「ワクチンください」一点張りの日本政府。 かといって接種の具体案があるわけでもなく、都道府県に送って「後はそっちで頼む」だから救いようがない。 他国を見ても分かるが、接種体制の整備は国の責任なのだ。 最近自衛隊が接種を始めたが、一日1万5000人程度では、いつ終わるのか見当がつかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最も長生きな動物

NHK がオンデンザメの撮影に成功と報じていた。 エサの前にカメラを設置しておけば、いつかは大物がかかると思うのでそれほどの驚きはない。 オンデンザメ自身の大きさは、3-4メートルらしいので最大のサメというわけでもない。 ただ驚いたのは、その寿命で 400年に達するという。 今から 400年前といえば徳川幕府…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に他にいないのか?

本日 NHKの 世論調査 が発表された。 菅内閣の支持率は 35%で成立以来最低。 とはいえ、いまだに 3人に一人が支持しているのか? その理由ダントツで一位が「他より良さそう」だそうだ。 本当にこれよりましな内閣が無かったら驚くべき人材難の国ということになる。 現実にはそんなことないはずだ。 前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰に、コロナウイルス、来ないのか?

五七調のタイトルになってしまったが、時々不思議に思う。 例えば NHK は、連日コロナ感染者数を統計している。 5月7日は、大阪で1000名を超え、死亡者 50名の記録付き。 おかげで重症病床使用率が 100%を切ったというニュース。 これに対して、山陰地方の感染者数の少なさが際立つ。 同じ日に島根 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のんきに水泳放送している場合かね?

池江選手が素晴らしいのは認める。 闘病生活から戻ってすぐに結果を出したのはめでたいが、病み上がりの選手に優勝さらわれた他の選手は何をやっているのかとも言いたくなる。 彼女がずば抜けた選手なのは分かるが、病気前に比べて明らかに筋肉が落ちて持久力も回復していないはず。 将棋の藤井総太に負けまくっている同時代の棋士たちにも通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まんぼう」はやめてくれ

新年度に入ると同時に大阪に発令された「まん延防止等重点措置」 これを「まんぼう」と略して報道されるのが気に障る。 語感が良いとも思えないが、マスコミはこぞって使用する。 ものごとの本質より耳ざわりの良さ(?)を優先させているのだろう。 ここのところ、大阪のコロナ感染者は連日 600人超え。 前述の「まん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島は世界遺産にならないか?

本日は震災10年ということで、NHKは特集を組んでいる。 お涙頂戴に走ることなく冷静に報道してほしい。 それにしても10年たっても、未だに復興しきれないのが悲しい。 特に「復興費用」として投じられた多額の税金の怪しげな使いみちや東京電力の事故後の処理は無視できない負の遺産だ。 負の遺産といえば、世界遺産に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本製ワクチン、どこ行った?

今日、一本のワクチンバイアルから 7回分の接種が可能な 特殊な注射器 が注目を浴びていた。 世界でワクチン獲得競争が激しさを増しているのに「もったいない精神」で対抗とは、いじましい話しだ。 こんなことがニュースになるとは、つくづく日本は取り残された国だと感じる。 こうなったのも各国の製薬会社にお願いして「ワクチンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13年前の自分に出会った

私は 2008年6月に大阪に来たので、もう13年近く住んでいることになる。 その間に老眼になるわ、花粉症になるわ、血糖値が上がるわ、と体調的に良いことなどなかったように思える。 そんな折り、2008年の「雇い入れ健康診断」なるものの結果が出てきた。 驚いたことに、当時の体重は今より 5kg 重い 64kg。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな人間しかいないのか?

森喜朗がオリンピック組織委員会委員長を辞めたのは良しとして、誰が後任になるのか? この状況でやりたがる人間がいるとは思えない。 案の定たらいまわしにされた結果、橋本聖子議員で候補一本化だそうだ。 この人を個人的に責める気はないが、客観的に資質があるかどうかは謎だ。 森喜朗を師と仰ぎ、高橋大輔にキスを迫ったスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は光秀だった

大河ドラマ『麒麟が来る』が終了したが、まだ余韻が残る人も多いだろう。 「本能寺の変」に至る経緯が複数の要素で描かれ、今までありそうでなかった時代劇だった。 もはや明智光秀を「主君殺しの謀反人」と思う人はおらず、むしろ理想の国を目指した知的な人物というイメージが定着したのではないか? 押し込みのような「赤穂義士」に殺され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森喜朗は日本の象徴である

元総理大臣で オリ・パラ組織委員長の森氏の発言が顰蹙を買っているのは周知の通りだ。 海外でも散々な叩かれようだが、ある意味遅すぎたと言える。 平和の祭典であるオリンピックが儲かる事業である点がまずおかしく、その甘い汁を吸っている森氏が自分から辞めるわけがない。 都知事を辞めて妙に生き生きした 舛添要一 の主張である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKよ、なぜ追求しない?

本日の クローズアップ現代+ に GOTO 制作を推し進めコロナを拡大させた張本人とされる二階氏が出ていた。 この人相悪いおやじに武田アナがインタビューするのだが 、これが散々なのだ。 「GOTO トラベルを中止しましたが、その時期は適切でした?」 「あとから何でも言えるよー」 といった調子でまともに答えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪も凍る

最近、やたら寒い。 朝なかなか起きられないのだが、それも然り。 窓の結露が凍って開かなかった。 -3℃ 以下になっていたと思われる。 写真は今朝ベランダで撮ったもの。 手洗いの洗濯ものからしたたった水滴が瞬時に凍ってしまった。 大阪は夏に蒸し暑いイメージだが、冬も想像以上に厳しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗澹たる日本の科学

新年早々、冴えない話しである。 少し前、よく読まれている記事の上位に Newsweek があがっていた。 研究不正の話題で始まっているが、まあ日本がいかに貧乏かという話だ。 日本が貧乏ならすべての分野で不正が起きそうだが、医学の世界ばかりなのが不思議だ。 文中では生命科学がデータを捏造しやすいとあるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警報の意味を知っているか?

東京都では連日のようにコロナ感染者の数が増えている。 先だって、小池知事は「コロナ特別警報」というのを出した模様だ。 気象においては、気象庁から様々な 注意報・警報 が出されている。 「警報は注意報の上位バージョン」と思っている人が多いだろう。 大雨注意報は大雨が降り、大雨警報はさらに大雨が降る、というように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想のお天気お姉さん

「お天気お姉さん」という職種は日本特有だろう。 詳しい気象情報は軍事に関わるので、戦前は民間人に知らせなかった。 今でもイタリアなどで気象を伝えるのは軍の担当だ。 日本では(とくに民放)ニュースで女子アナかタレントが天気予報の原稿を読むのが通例で、これが「お天気お姉さん」という言葉を生んだ。 しかし気象業務法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生最大のヒートショック

少し前になるが、11月26日は、「いいふろの日」だった(ただのごろ合わせ)。 私はなにか普段無いサービスを期待してスーパー銭湯に行ってみたが、大した成果はなく残念。 ところで、最近 ヒートショックという言葉が話題になる。 入浴前後に老人がばったり倒れるやつだと思っていたが、血圧の急な変動で説明がつく。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人はいじわる?

三田学会雑誌(慶応大学) に載っていた記事である。 スパイト行動というのを測る実験の結果だそうだ。 スパイトとは「嫉妬・腹いせによるいじわる」を指す。 実験では、あるグループに好きなように社会基盤を築かせ投資の回収(利益)を得る。 その後、相乗りしたいという後発グループの存在を示し、社会基盤をどう変更する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしもベートーヴェンが生きていたら?

今回のアメリカ大統領選の騒ぎ、そのストレスに多くの在日アメリカ人が参っている。 その原因の多くが現職大統領にあるわけだが... 今年は作曲家ベートーヴェンの生誕250年に当たるため、関連するイベントが多いはずだった。 ところがコロナ禍で多くが機能せず、多くの庶民がベートーヴェンなど意識せずに暮らしている。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ維新は消えてくれ

大阪市を廃し統合するという「大阪都構想」は、大阪市の住民投票で否決され消えた。 これほどの大事業なのだから、本来は過半数それも圧倒的多数の支持が無ければ行えないはず。 しかし二度目の投票も一度目と似たり寄ったりで差は縮まらなかった。 大阪でのみ支持がある維新の会だが、市民もバカではなかったようだ。 常に強いも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無知な政治家の愚かさよ

首相による学術会議会員の任命拒否が話題になっている。 個々の会員の資質を議論する気はない。 その学者が日本を代表する人か?を判断するのは専門家でも難しい。 確かなのは政治家にそうした判断能力などないということだ。 大方、過去現政府に逆らった答弁をした人間に嫌がらせをしよう。 これを機会に学者にも釘を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more