テーマ:スポーツ

桜宮高校事件のおかげか、よく眠れる

最近、土日の朝ゆっくり眠れる。 隣にある中学校の校庭で行われる少年野球チームの朝練のおかげである。 最近までこのチームにはやたら声のでかい野卑なコーチがいた。 こいつが週末の早朝から午前いっぱい選手の小学生を怒鳴り続ける。 コーチのいるホームベース付近からは 100m ほどあるのでどれだけ声がでかいか分かるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井端はプロの中のプロ

WBC があっけなく終わった。 今回の日本のメンバーを見れば大した活躍は期待していなかったのでこの結果に驚きはしない。 しかし準決勝のプエルトリコ戦は勝てたゲームではあった。 8回に走塁ミスがあって負けゲームの展開になってしまったが、異様なのはその後の放送。 走塁ミスを犯してタッチアウトになった一塁走者内川をなに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴力コーチも暴力教師もばかである

大阪市立桜宮高校 の生徒が自殺した件に関して、最初は興味がわかなかった。 「体育科」 という「脳みそ筋肉人間」の集団で起きた事故のようなものと思っていたからだ。 しかしである。 NHK のローカル番組 『かんさい熱視線』 というので大阪放送局の記者が取材したものを放送していた。 この高校、バスケ部だけでなくバレ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

セクシーな義足

8月26日放送のNHK サキどり 「世界をリード!パラリンピックを支えるものづくり」 が興味深かった。 ロンドンパラリンピックに出場する義足の陸上選手を取り上げたものだ。 パラリンピック陸上競技に出場する女性選手はひいき目でなく美人が多い。 義足を人前に晒し、記録を狙って走り跳ぶという行為は、相当なエネルギーを必要とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味な女子バレーが偉かった

バレーボール女子というのは、オリンピックで結構注目される競技だ。 ソ連中心の東側の集団スポーツであった時代に東京オリンピックで金メダルを取ったことがその後に影響した。 「おれについてこい」的鬼コーチが若い女子を合宿で鍛え上げるという図式とともに。 私がかつて勤めていた会社にもに日本有数のクラブチームがあったが、下品な鬼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィンブルドンの楽しみ

今年のウィンブルドンテニス男子決勝は興味深かった。 現役最強の「芝の王者」 ロジャー・フェデラーと地元の期待を背負ったマレーの戦いだった。 今まで何度も書いているのだが、私は史上最強のテニスプレイヤーはサンプラスだと思っている。 <2006年> <2007年> <2008年> しかし、フェデラーの多彩かつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「柔道の必修化」なんて必要かねえ?

『クローズアップ現代』 で<“必修化”は大丈夫か 多発する柔道事故>として、この問題を取り上げていた。 中学校の体育で武道を取り入れようとしているが、相撲・剣道は設備・防具に金がかかる。 事実上、柔道の必修化に近い。 過去の事故を調べると、柔道は競技中の死亡数こそサッカーやバスケット以下。 ところが、競技人口に対する比(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなる、日本シリーズ?

先週始まった日本シリーズ。 福岡で連勝した時点では我が中日ドラゴンズの勝利を信じて疑わなかった。 ところが、その後は地元名古屋で3連敗! しかも貧打で惨めな負け方だった。 もはや、第6戦福岡でホークス胴上げだろうと諦めていた。 ところが、またもや2-1でドラゴンズが接戦を制し最終戦へとなだれ込んだ。 ところで、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多のカプセルホテルで北の湖に出会った

仕事で博多に行った。 食べ物が安くて旨く、美女が多い実に良い街だ。 評判の寿司屋で食べて飲んで、一人 4500円程度(!)だった。 しかも玄界灘の魚は身が締まっていて、素晴らしい。 ところが、困ったjことに、11/12(土)はホテルがなかなか取れない。 この日は、日本シリーズ第一戦。 (その後、ドラゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デニス・ビールマン (Denise Biellmann) に再会

連日、この世のものとは思われぬ光景を TV で観るにつけ、何か美しいものへの渇望が生じてくる。 私があらゆるスポーツを通じて最も感動したもの。 それは、フィギュアスケートにおけるビールマンスピン (Biellmann Spin) である。 浅田真央や安藤美姫がするので、日本人のほとんどがこの技を知っている。 (オリン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相撲は国技でもなんでもない

あいも変わらず相撲界はスキャンダルの宝庫だ。 八百長疑惑は昔からあり、 元小結板井 の告発で一時は注目されたが、いつのまにか下火になった。 今でも多くの力士がガチンコだとは思うが、7勝7敗で千秋楽に勝つ力士が多いのも事実。 実にグレーな世界だと思う。 ただ、街角の人にインタビューすると「国技を汚して」等の答えが返って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳳はそんなに強いのか?

あれよあれよという間に白鳳の連勝が伸びている。 あと何番か勝てばあの双葉山の記録に追いつくそうだ。 たしかに、白鳳の堂々たる取り口とマナーは見上げたものだ。 加えてマスコミは「連勝記録」が記事になるからか、ヒーロー扱いして応援している。 今、白鳳を負かしたら悪者扱いされそうだ だからといって、こんな状況に他の力士た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えっ、中日が優勝?

いつのまにか、わが中日ドラゴンズが優勝していた。 タイガーズが勝手に転んでくれたおかげだ。 今期は阪神と互角、ヤクルトに負け越した以外は安定した勝ち星を残した。 特にジャイアンツ相手に大幅に勝ち越したので、溜飲を下げた。 昨年のようなジャイアンツ相手の負け越しはストレスになるのだ。 MVPはすぐに思いつかないが、和田あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなってるの、タイガース?

セ・リーグはなんとジャイアンツが大逆転優勝だ。 オールスター前、既にタイガースのクライマックスシリーズ進出のためのマジックナンバーが点灯したことを誰が憶えているだろうか? 当時のブログで、 「タイガースに独走を許した元凶はわがドラゴンズのだらしなさに尽きる」 「タイガースを止めようがないという雰囲気が蔓延している」 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック中継はNHKに限る

女子ソフトボールの金メダルは凄かった。 アメリカチームとの体格差を克服しての優勝だ。 何年かに一度の苦手戦勝利が一番勝ちたいときに来たというわけだ。 それに比べて、星野ジャパンはメダルも取れず、女子サッカーのなでしこ同様4位だった。 しかし強豪ノルウェーや地元中国に勝ったなでしこに比べ、そのだらしなさは際立った。 アマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪桐蔭がいつの間にか優勝してた

オリンピックの陰でほとんど忘れられていた甲子園の高校野球だ。 気がつかないうちに北大阪代表の大阪桐蔭高校が優勝していた。 私は吹田在住なので地元ということになるらしい。 しかし、まったく実感が湧かない。 職場でも話題にならない。 こんな優勝校って、今まであったっけ?
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

銅メダルだっていいじゃないか

オリンピックと高校野球が重なったため、番組編成がひどいことになっている。 深夜ドラマを予約録画しておいたところ、「野球中継1時間半延長のため変更」とかで、お笑い番組が録画されていた。ここでいう「野球」とは星野ジャパンのことだが、プロ野球選手がそんなにオリンピック金メダルに血道をあげる価値があるのか? オリンピックのために4年…
トラックバック:15
コメント:1

続きを読むread more

タイガースよ、強すぎるぞ!

昨日タイガーズがジャイアンツを下し、クライマックスシリーズ進出のためのマジックナンバーが点灯した。 オールスター前だというのに何という事態であろうか。 残念ながら、今シーズン、他チームがセ・リーグ優勝する可能性はかなり低いだろう。 ここまでタイガースに独走を許した元凶はわがドラゴンズのだらしなさに尽きる。 今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェデラーがついに負けた

フェデラーがウィンブルドンの決勝でナダルに2-3で負けた。 勝てば19世紀以来という6連覇を阻まれたのだ。 それにしても、5連覇だって充分に凄い。私の知っている限り、ボルグ以来だ。 ボルグも5年目はマッケンローに苦しみフルセットで勝ったが、翌年マッケンローに雪辱された。 このあたりは昨年決勝のナダル戦に苦しんだフェデラーを髣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴンズ、やっとこさ日本一!

ドラゴンズが日本シリーズに勝って日本一になった。 昨年惨敗したファイターズに雪辱でき、しかも第5戦はパーフェクトゲーム(ただしリレー)のおまけつき。ドラゴンズファンにとってこれほどのプレゼントはない。 地元名古屋では戦後最大のビッグニュースかもしれない。 ドラゴンズはここ十数年、常に優勝争いに絡んできた。 一般的な野…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

日本シリーズはいつになったら始まる?

日本シリーズの組み合わせが決まってから随分経つが、なかなか始まらないのでいいかげん待ちくたびれてきた。 その間にメジャーリーグは盛り上がっている。 地区シリーズ、リーグ優勝決定戦、そしてワールドシリーズと息をつかせぬ展開だ。 ここへきてピッチャーも短い登板間隔などと言ってられないだろう。 それに比べて日本のプロ野球はなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えっ、ドラゴンズが日本シリーズへ?

シーズン2位だったドラゴンズが、なんとクライマックスシリーズ 3連勝で巨人を下した。 前評判では巨人有利だっただけに驚いた。 これで日本シリーズで再びファイターズと戦うのだ。 それにしても、今期のレギュラーシーズン(特にセ・リーグ)は少し低調だったように思う。 巨人の左3本柱(高橋、内海、金刀)はそれほど大したピッチ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

やったね、内藤大助!

本日のWBCフライ級世界戦は、予想通り内藤が勝った。 K.O. して欲しかったが、10点離しての完勝だから良いだろう。 試合後は相手を少し持ち上げつつも、「ポンサクレックにより全然弱い」と一言。 亀田次男はやはりゴキブリ以下だった、と言いたいところだが、結構良いファイトをするじゃないか・・・と思っていたらファイナルラウンド…
トラックバック:22
コメント:2

続きを読むread more

頑張れ、内藤大助!

10月11日(木)、WBCフライ級王者の内藤大助があの亀田兄弟の次男と防衛戦を行う。 私は中日ドラゴンズ以外のプロスポーツにほとんど興味無いのだが、ボクシングは例外だ。 世界戦の12ラウンドを採点して実際の判定と食い違ったことはほとんど無い。 (唯一の例外はあの亀田長男の世界戦) 亀田次男の実力については正直分らない。フ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

日本の「オールスター」ってなに?

アメリカのメジャーリーグベースボールは30チームもあるのにオールスターゲームは毎年1試合しか行わない。選ばれるだけで(岡島のように当番機会が無くても)大変な名誉だ。松坂も新人としては相当目立つ活躍ぶりだが、今年の出場には遠く及ばなかった。 日本はセ・パあわせても12チームしかないのに2試合もやる。 年によっては3試合のこともある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェデラー、やっぱり強いわ

ウィンブルドンでフェデラーが5連覇した。あのボルグ以来だ。 本当にフェデラーは史上最強なのか?サンプラスより強いのか? サンプラス全盛期にはアガシ、イワニセビッチ、ラフターらの強敵が立ちふさがり、かなり苦しみながら優勝していた記憶がある。それに対し昨年までのフェデラーの優勝では他の選手がふがいなく見えた。世界ランキング2位のナダ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

優勝! 日本ハムファイターズ

パ・リーグ優勝はファイターズだった。 日ハムが札幌に来るまで、北海道人はテレビに映っているという理由だけで巨人ばかり応援していた。しかし、やっと地元チームを応援するという喜びに目覚めたようだ。 小笠原、新庄など魅力的なタレントが揃っているチームなので、セ・リーグだったらかなりの人気チームになるはずだ。しかし昨年までは大味な試…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

祝優勝! 中日ドラゴンズ

取りあえずほっとした。なにせ、一時は9ゲームも離れていた二位の阪神が追ってきていたからだ。落合監督は後半、さぞかし胃が痛かったことと思う。お疲れ様! 結果論だが、最後の甲子園三連戦の最後が雨で中止になり、クールダウンされたのが良かったのだろう。 今のドラゴンズ はチームの歴史上、最強かもしれない。 元々投手力で保ってい…
トラックバック:17
コメント:6

続きを読むread more

MVP がベッカム??

ワールドカップサッカー終了直後にNHKで放送された『2006 ワールドカップ総集編』は良かった。 75分の放送枠にささやかな日本代表特集と決勝リーグの見所や好プレーを盛り込んだものだ。 民放のように騒々しいキャスターや芸能人のゲストもなく、淡々としたナレーションが心地よい。 やはりスポーツ番組はNHKに限る。 ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェデラーは最強?

同じ日にあったワールドカップサッカーの影に隠れた感じだが、全英オープンテニス(ウィンブルドン)の男子決勝戦があった。優勝したのはロジャー・フェデラーで、4連覇はボルグとサンプラス以来という。 昨年あたりから、「フェデラーは史上最強」と言う解説者まで現れた。おそらく「芝の上では」というただし付きだろうが、サービス、リターン、ストロー…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more