deathclock に代わって death meter

以前 deathclock というサイトで自分がいくつまで生きられるか計算したところ、73歳と出た。

もっとも、計算に使うパラメータが、性別、生年月日、BMI(体型指数)、喫煙者か否か、性格傾向、だけだから単なるしゃれに過ぎなかった。

しかも、deathclock には「日本人」という民族の選択肢がないので、使いにくい。

そこで見つけたのが、 death meter というサイトだ。

こちらのサイト、酒やタバコはもちろん、病歴や食生活、居住地や日光を浴びる時間、運転するか否か(おそらく事故死の確率を考慮)など、格段に質問が多い。

大気汚染や放射線を浴びる量など答えにくいものもあるが、そこは適当に入力する。

そして、私の寿命の判定だが…80歳である。

deathclock に比べてパラメータが多い分、death meter の方が少し信頼がおけるかも知れない。

もちろん、自分の寿命が延びたからこんなことを言うんだが。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック